森 蘭丸。 森蘭丸 (もりらんまる)とは【ピクシブ百科事典】

一説では、信長から寵愛を受け、としての関係があったともいわれている 信長:「天下に替えがたいほどの宝物を当てよ」 森乱:「自分」 ほら、やっぱり
てゆうか単純に、織田信長に気に入られていたんでしょうね 信長より障子を閉めてこいと言われた「森乱(蘭丸のこと)」
それにともない、森蘭丸は兄のいた美濃の金山城城主となり5万石を与えられました 120• そして光秀に「蘭丸を婿とせよ」と命じた
また、信長の意思を伝える役割もあった為、当然ながら政治や軍事などにも精通していなければ務まりません その真意はコチラ
この不動行光だが、信長から「森乱(蘭丸のこと)」に与えられ、本能寺の変で焼かれる羽目に また釘穴に関してもはっきりした写真が報告書に残されおらず証拠が残っていないと指摘します
あるとき信長は、隣の座敷の障子を閉めてくるよう蘭丸に命じました 末弟「森忠政」は、「関ヶ原の戦い」「大坂の陣」で活躍し、「美作津山藩18万5千石」を領有
信長の場合は、若いときから男色相手として、前田利家であったり、 堀久太郎 ほりきゅうたろうであったり、 長谷川竹 はせがわたけであったりと、色んな名前が出てきた その後、森長可は父に代わり信長に仕え数々の戦に従軍、蘭丸は小姓として織田信長に仕えます
森可成は信長がまだ尾張国内で弟の信勝(信行)らと覇権を争っていた頃から仕えていて、槍の名手として「攻めの三左」と言われるほどの活躍を見せていました 「秘書」的な役割を担っていた「森蘭丸」
25
日本は男色天国でしたが、お寺で盛んだったほうの男色というのは、宗教上、女性との間に交渉を持つことのできない坊さんが、その代わりにお稚児さんを狙ったもの
しかし蘭丸だけは、数が足りないことに気付き、捜索してすべての爪を処分 しかし志賀郡は明智光秀の領地である
『麒麟がくる』で光秀は、道三に味方して美濃を追われた 森家と延暦寺は、祖先の源義隆が比叡山の僧兵の矢に撃たれたという因縁の仲であり、さらに可成が討ち死にする原因の一つともなりました
長男の森可隆も父に先立ち の の際、18歳で亡くなっており、家督は次男・ 13歳が継いだ その天守は1537年に作られた金山城のもので、家康の命で1599(慶長4)年、ここに移築された
元は浅野家断絶後に転封された森家が所持していたとされ、森家藩祖と蘭丸を祀る赤穂神社に神宝として伝来、第二次大戦後赤穂神社が大石神社に合祀されたため大石神社の所蔵となる イケメン俳優の登竜門なだけあって(?)、やはり美しい顔立ち
46