三澤 則行。 【靴職人・芸術家】三澤 則行さんインタビュー

79
。 2015年3月21日にBS TBSの『世界人』という番組に、弊社代表の三澤則行が出演させていただきました。 刃ヤス […] 2020. Q まずは、教室に通い靴を作り出してから半年以上過ぎましたが、靴作りはいかがですか? A 迷いました […] 2021. Tue• 2017. でも、みなさんには一貫して、技術の習得にとどまらず「自分にしかできない靴つくり」を探求しようとお伝えしています。 行く度に、自分の中に新しい芸術のアイディアが湧き出てくるのを感じた。 Q 靴に興味を持ったきっかけは? A テレビで靴職人の仕事を見てから興味を持つようになりました。 Sat• ウィーンは、本当に芸術豊かな環境。 2018年1月22日〜27日の期間、シンガポールの名門ファッションスクール「TaF. 今回は特別授業として靴職人である講師、三澤則行の「ビスポークシューメイキング実演会」を開催いたしました。 生産は1ヵ月に2~3足で、メンズが30万円、レディスが25万円。 手製靴(ハンドメイドの靴作り)を一から学んでいただき、将来は生徒さん自身が思い通りの自 […] 2020. 工房に入ったからといってすぐに靴づくりの技術が身につくわけではなく最初の何年間は見習いとして掃除や買い出し、先輩職人の仕事の準備や雑用などの傍ら、ひたすら学びました。
37
どのような幼少時代だったのでしょうか 今回は教室のムードメーカー的存在のサクラさんにインタビューします
2021年3月は「ジョッパー(ジョドファー)ブーツ製作」です!靴、ブーツ作りの中でも最も難解とされています […] 2021. 「でも、しばらくすると自分のやりたい方向は少し違うと感じました Fri• SHIRAKASHI BOOTMAKER の白樫氏をお招きしての特別授業、2回目を開講いたしました
通常授業での指導や実演と違い、靴職人の仕事のスピードや流れを学んでいただく授業です 完成間近です
講師陣は全員の進捗状況を管理、把握し、 […] 2020. Salvatore feragamo 博物館へ見学に行きました 宮城県に住んでいた三澤さんは週末ごとに上京し、浅草の靴メーカーを回った
2018年4月14〜19の期間、シンガポールの名門ファッションスクール「TaF. 講師の三澤則行は、靴職人としてはハリウッド映画界や日本の宮内庁などに納品し、先日は天皇皇后両陛下から賜り物をいただくなどの実績があります オーストリア・ウィーンを選ばれた理由は? オーストリアを選んだのは、むしろ「本場」ではないからです
(講師 今) 2014. Mon• 靴づくりには様々な工具が必要ですが、そのほとんどが買ったままの状態では使うことができません FIT(Fashion Institute of Technology ニューヨークファッション工科大)のたくさんの生徒さん、そして大変光栄なことに学部長、教授の方々にご来場いただきました
(講師 今) 2014. 想いはますます募っていき、中学生の頃には熱心な靴のコレクターになっていました これは職人(クラフト)の目線だけで […] 2020. Tue• 親からもサラリーマンとして働くことが当たり前であり、芸術では苦労すると聞かされていたので、それに納得して普通の大学へ進学しました
今回は靴職人でアーティストの講師三澤則行をご紹介します! 靴職人としてはハリウッド映画界や日本の宮内庁などに納品し、先日は天皇皇后両陛下から賜り物をいただくなどの実績があります 教室のコース内容、カリキュラムは初心者の方でもしっかりと […] 2020. 当時は、家にあるもののいろいろな絵をよく描いていました
そして2014年には東 […] 2020. tc」から講師になって欲しいと声がかかりました 2018年9月はメンズとレディースの2つのコースを開講しました
12月23日(金曜日、祝日)、特別講師としてMana Furuyama氏(ファッションスタイリスト、コンサルタント)を招いて、ファッションビジネス、ブランディング論、ファッションスタイリング論についてお話いただきました 主に技術習得に集中して頂きつつ、折を見ながらですが、少しずつ努力の大切さも伝えようとしているところです
26