梅雨明け 予想 関東。 梅雨入り梅雨明け2021時期の予想!関東や関西はいつからいつまで?

北陸は平年と比べ9日早い梅雨明けとなりました。

7月11日に 九州南部で梅雨明けの発表がされ平年と比べ4日早く、13日には 九州北部と中国で梅雨明けの発表がされました。

北陸や東北では前線が停滞するため、平年並みの梅雨明けになる見込みです。

12日以降で梅雨明けとなる可能性が高いと予想されています。

12日以降多くのところで梅雨明けとなるところがありそうです。

2017年:東北南部・北部で梅雨明け発表が無かった。

梅雨入りの時期と梅雨明けの時期は、全国的に平年より早くなる可能性があります。

その他の地域では、平年並みと予報されています。

来週になると太平洋高気圧の勢力が次第に強まる予想です。

今まで避難勧告の発令に関しては、住民がスムーズに移動できるように余裕を持って発令し、すぐに避難を始める必要がありましたが、住民の理解が進んでいないこともあり、差し迫った状況で発令する避難指示まで動かず、逃げ遅れるケースが後を絶たちません。

5月11日に、 九州南部でも平年より19日早い梅雨入りを迎え、九州南部では1956年に次ぐ統計史上2番目に早い梅雨入りとなり、15日に気象台から 九州北部・中国・四国地方で梅雨入りの発表があり、九州北部では平年より20日、中国地方では平年より22日も早い梅雨入りとなります。

梅雨時期初期から倍前線の活動が活発なため、梅雨末期のような大雨に注意が必要になるとともに、今後、気温も高くなっていき蒸し暑く不快な日が増えていきそうです。

43

一方、九州南部から東海は平年より4日以上長くなる見込み。

この梅雨前線の生成には、ヒマラヤ山脈による偏西風の蛇行やオホーツク海高気圧が関係しています。

曇りや雨の日が少なくなって晴れの日が多くなると予想される。

法改正後、今までの勧告を発令していたタイミングで指示を出ことになります。

これらのデータから予想すると 2021年の関東の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月16日頃の間くらいになりそうですね。

19