辟易 する 意味。 「辟易」の意味と語源とは?正しい使い方や類語も例文で解説

例:「梅雨の湿気に辟易する」 ・・・使用例が比較にならないほど多いことや、 この場合の「辟易」は、「相手に道を譲って後退する」「避けて所を変える」という意味になります。

他にも、上の表現のようなものがあるんですね。 などなどですが、熱しやすく冷めやすい、そして損をする。 そんなエピソードです。 」 この2つの意味があります。 また、「ひるむ」「たじろぐ」なども類似の意味を持つ言葉です。 振り返り、相手を一喝するシーン、このシーンもあったような気がします。 」や「〇 の国会審議の報道には辟易する。 辟易とは? 「辟易」とはうんざりとした気持ちになり、ものごとに嫌気がさすことを意味します。 以下を参考にしてみてください。
15

変えて欲しい。

どちらの言い方が正しいかわかるだろうか。

故事:「史記-項羽本紀」 「項王瞋目而叱之、赤泉侯人馬倶驚、辟易数里」 落ち延びる項羽の兵は僅か28騎、対する赤泉侯・楊喜(ようき)の兵は5千。

その他「辟易」を詳しい使い方は、下記の例文を参考にしてください。

「周りの人の意見を一切受け入れない彼の態度には、全員が閉口した。

それが 「避けて通りたいほど、うんざりする、嫌気がさす」といった意味と、 「道を変えたいほど圧倒されて尻込みする」といった意味になりました。

96

要は「辟易する」と文中に出てきた場合は、「うんざりする」と置き換えても意味はほぼ同じですので、覚えておくとよいですね。

「於是項王大呼馳下、漢軍皆披靡、遂斬漢一将。

「辟易」とは、酷く迷惑してうんざりする、嫌気がさす、勢いに押されて圧倒される、尻込みする、閉口するなどの意味です。

3:思ったら1直線 4:反省しても、反省しきれないほど反省することが多い 5:旅の恥じはかき捨てのモットー。

一般的に 動詞の「〜する」「〜させる」などを付けて使います。

上記の事から「辟易する」と「食傷する」は、どちらも嫌気がさすという意味で使われますが、食傷するは特に連続性が強調されているという違いがあります。