貯金 中央 値。 40代の平均貯蓄額は694万円!年収別データ【最新版】 [預金・貯金] All About

独身女性一人暮らしの場合 この調査によると、30代の一人暮らし女性の平均貯蓄額は397万円でした。

仲介手数料の有無• 次いで50代が616万円 同621万円 、40代が554万円 同450万円 、70代が413万円 同198万円 、30代が362万円 同320万円 、20代が170万円 同170万円 、10代が27万円 同14万円 と続いた。 57
つまりわずか1年の間に平均値・中央値ともに 1. この調査に回答した30代のうち、年収1,000万~1,200万円の区分に該当する世帯は1世帯、1,200万円以上は2世帯のみだったため、データが極端なものになっており、あまり参考になりませんが、手取り年収1,000万円までの世帯だけを見ても、収入が増えるに従って貯蓄額も増えていくのがはっきりとわかります。 (まさに、冒頭の「子どもの教育費にお金がかかり、自分たちの貯蓄がない」というパターンですね。 「投資=ギャンブル」と思っている人も少なくありませんが、そんなことはありません。 2018年度とは違って、貯蓄の平均額で見た場合は、単身世帯が二人以上世帯を上回っています。 60歳代:2203万円• 次は、30代の年収別に貯金額の相場を見ていきましょう。 大学の学費は私立の場合特に高額ですので、しっかり準備をしておくことが大切です。 年収別に見ると貯金額3000万円の人に最も多い年収帯は300〜500万円、次いで500万円〜750万円が多くなっています。 仮に30歳で結婚したとし、すぐに子どもが生まれたとすると40代前半で長子は中学生。 毎月コツコツ• 老後にお金の心配から解き放たれたい方は、現役時代から早めの準備が必要かもしれませんね。
49