ご 健勝 ご 多幸。 「ご健勝」の意味・使い方と「ご多幸」との違い|手紙/会社

31

この「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」という言葉は、「健康でいながら活躍できることを望んでいます」という意味で相手に対して気持ちを伝えることができる言葉でもあります。

また、相手が高齢である場合にも使用は避ける方が無難と言えるでしょう。

ご多幸の使い方や例文は? 以下のようになろうかと。

「ご多幸でね」とは言わず、丁寧に「お祈りいたします(お祈り申し上げます)」や「願います(願っております)」など丁寧な形でのお祈りが続きます。

便利に使える「ご健勝」 「ご健勝」というフレーズはとても使い勝手の良い便利なフレーズです。

こちらも、ビジネスではよくつかわれます。

ぜひ楽しんで親睦を深めてください。

ますますの活躍を祈ります」 「栄進おめでとう。

そのため、企業に使うのであれば「ご清栄」がピッタリです。

11