超速 グランプリ シャーシ 改造。 FM・ゼロシャーシでのスラスト0の改造方法【超速グランプリ攻略】

限界軽量化など一部の改造は、スタミナ減少などのデメリットがある場合があります。

, スタミナ耐久値を盛ることができるので、デジタルコーナー対策として使えるかもしれません。

元が0なら実質デメリットなし! スピードはでるようになりますが コーナー安定が悪くなるので良し悪しがあります。

電撃のアラフォーミニ四レーサーの筆者(オッシー)が、一番の醍醐味である改造で知っておきたい知識を披露! リンク集. FM FMでスラスト5は現状これしかないので、各種揃えたい。

その中で、現状最も使用頻度が高いと思われるシャーシと どういった場面で使うのかをまとめてみます。

ただ、そもそもFMの出番が少ない。

, コースに合わせてシャーシを選ぶことで結果スピードアップに繋がり、それがレースの勝利に繋がります。

アクセサリーは、改造の種類が少ないので、ステータスを見れば優先すべき改造は決めやすくなっています。

メリットに見えるからと無闇にとれば、パーツの良さを潰してしまうこともありうるので注意しましょう。

どちらも他のシャーシに比べて速く走れるので、序盤などはこの2つのどちらかのシャーシが良いでしょう。

25 1
削除された記事が 3 件あります. ステータス:スピードの値が最も高いので、最高速が出しやすいのが特徴です。 パーツ毎のおすすめ改造 まずはモーターで練習 改造に慣れていない初心者の方は、まずは星3以下のモーターで改造について慣れえてから他の改造を行いましょう。 ただし、改造度によって差は縮んでくる スラスト角の減少はやらない方がいいです。 , スピードの高さと負荷の低さ、スタミナの高さが特徴のシャーシ。 最良は9mmベアリングローラーを最低3つ。 , スピードが高く、パワーが低いのが特徴なので、軽量化系でスピードを伸ばす改造がおすすめ, パワーよりのステータスと負荷の低さが特徴のシャーシなので、ギヤ位置調整などがおすすめ。 これにより、 改造でスラストを下げる意味が薄くなったので、他の改造を施したシャーシが揃ったときに、使い分けとして用意するか、アッパーステーがない際の応急処置の改造として使用するのが基本となります。 剛性補強 スタミナ耐久値を盛ることができるので、デジタルコーナー対策として使えるかもしれません。
45