アステカ 祭壇。 本物の闇は深かった…アンビリバボーが心霊写真を辞めた理由が…

「アンビリバボー」では、最初にこの心霊写真を鑑定した立原美幸さんにも改めて確認をとったものの、立原さんも「この件にはもう関わりたくない」の一点張りで、さらにはその後音信不通になってしまったとの内容も放送されています。

38-43ページ• 98ページ• 「アステカの祭壇」が放送された(確実)「USO! マリーゴールドは死者の日の時期になるとメキシコの田舎で大量生産され、様々な市場で売られているのを見ることができます。

当時のアステカの支配地域は約20万平方kmにおよび、テノチティトランの人口は数十万に達していたそう。
スペインのアステカ帝国征服 [ ] 詳細は「」および「 ()」を参照 一の葦 [ ] アステカには、かつて(ウィツィロポチトリ)神に追いやられた、白い肌をもつ神が「一の葦」の年(西暦1519年にあたる)に戻ってくる、という伝説が存在した 現代人から見れば残酷極まりない儀式であったが、生贄にされることは本人にとって名誉なことでもあった [ ]
これらの独立勢力はやがてスペイン人の侵入時にスペインと同盟を結び、兵力・物資の供給地並びに根拠地として、アステカ滅亡に大きな役割を果たした に捧げられた生贄は、祭壇に据えられた石のテーブルの上に仰向けにされ、神官達が四肢を抑えてのナイフで生きたまま胸部を切り裂き、手づかみで動いている心臓を摘出した
立原美幸さんは、このコーナー内で、何の関係もない別々の人々によって、バラバラの場所と時期に撮影された、赤い幾何学的な模様が写り込んだ共通の特徴を持つ複数枚の写真を取り上げ、「(写り込んでいる赤い幾何学模様は)何かの祭壇なのではないか、残酷な儀式に使った台だと思う」と解説しました アステカの祭壇について 『アステカの祭壇』は、アンビリバボーで霊能者として登場していた立原美幸さんに端を発した物だったと思います
つまりあの番組で放送されていたのは・・ 程度の低いほんの一握りとも言えますよね・・・ 実はフジテレビ・・本当の闇はあえて見せていない?!だけかもしれませんね : ()• 7メートルにも及ぶスカルタワーが立ち、その背後には生贄の頭蓋骨を串刺しにして並べた棚がずらりと並んでいたと考えられている
サン・フアン・デ・ウルア島に上陸したコルテスは、アステカの使者からの接触を受けた 古代文明の神々をポップに学ぶ一冊. : ()• まずアステカ文明は、現在のメキシコシティを中心に広がり、14世紀から16世紀に栄えました
以降、赤いもやの写真はネット上でアステカの祭壇という名をつけられ、見ただけで呪われるためその言葉を検索してはいけないと言われるようになったのです どちらも噂の域を出ないため、苦情の電話に関する真相はわかりません
25
撮影者も日時も場所もバラバラな写真なのですが、 それぞれに幾何学的な形の赤い光が写り込んでいて、 写真の向きを変えるとそのいずれもが同じ台(杯)の様な形になり、 立原さんはそれを「ある残酷な儀式に使う台」だと鑑定しました テンプロ・マヨールの側にあったツォンパントリは横36メートル、縦14メートルとバスケットボールのコートくらいの大きさの祭壇で、左右に大量の頭蓋骨をモルタルで固めて作った高さ1. 75-76ページ• そのため検索してはいけない言葉とは、怖いもの見たさの欲求を満たしたい時に検索をかける言葉、と捉えられることもあります
まず、アンビリーバボーで紹介された赤いもやの写真に映っているのは、アステカ文明で使用された残酷な生贄の儀式に使う祭具であると言われるようになりました 「これは古い時代に、ある残酷な儀式に用いられた台である」 それが、この心霊写真に写りこんでいる
その中でも特に根強い噂としては、 放送しちゃいけないものに関わったため、あるいはそれを放送してしまったため……というオカルト的なものがあります それ以来ジンクスが怖くて、司会を定期的にする人がいなくなった、という噂です
他編『スペインの歴史』、1998年10月 は暴虐の限りを尽くしたうえに、疫病により免疫のない先住民は短期間のうちに激減した
その神事の際には、生け贄を殺すために縛った台、生き血を入れるための壷が使われていた しかし、「アンビリバボー」制作スタッフがしつこく食い下がったところ、2人の霊能者が渋々口を開いたそうです
滅亡 [ ] メソアメリカ付近に現れたスペイン人は、繁栄する先住民文化をキューバ総督に報告した 大きな特徴として、高度に文字が発達していったことが挙げられるでしょう
シワコアトルの地位にはアステカ帝国成立期にはイツコアトルの弟であるが就いており、強い権限をいまだ保持していたが、トラカエレルの死後にその地位は急速に低落し、スペイン人が到来したころにはトラトアニは完全な絶対君主となっていた もしかしたら、多くの方は同時期にやっていた『USO! にモクテスマ1世が死去したころには、現在のの大半にあたる太平洋岸地区や、の南部、の一部までがアステカ領となっていた
アステカの祭壇をテーマにした映画は? 「アステカの祭壇」は、インターネットを中心に人気の高いオカルトネタですが、現在のところ映画化などはされていません 62-66ページ• 都市テノチティトランは、当初はメキシコ盆地最大の国家だったアスカポツァルコに従属してたそう
その事の際には、生け贄を殺すために縛った台、生き血を入れるためのが使われていた ジャパン」が心霊特集をしなくなる
しかし、徐々にテノチティトランおよびトラテロルコを中心とするメシカ(アステカ)が勢力を拡大していき、三都市同盟を代表するようになっていった むしろ、アステカの祭壇はハイクオリティなフェイクとして楽しむのがベストだろう
58