米ぬか 多糖 体。 肝臓がんと闘う全ての人へ!RBS米ぬか多糖体と父のために立ち上がった私との出会い

がん再発予防のために摂取しています(女性) 「3年ほど前にがんが発覚しました。 体に必要な栄養をバランス良く摂取でき、更年期による不調から解放されることでしょう。 投与なしグループの53名のがん患者は、がん進行による倦怠感や吐き気が悪化したため研究対象外となりました。 抗アレルギー作用 などが挙げられます。 この様にRBS米ぬか多糖体は複雑な経路をたどり、自然治癒力の強化、QOLの改善に寄与します。 ここでは米ぬかとの違いを中心に、RBS米ぬか多糖体の働きや効果を紹介します。 2.末期がん患者(ステージ3後半~4)の生存率[注1] RBS米ぬか多糖体を摂取した末期がん患者は半数以上延命! RBS米ぬか多糖体投与 (RBS米ぬか多糖体グループ) RBS米ぬか多糖体投与なし (コントロールグループ) 54. NK細胞をはじめとする免疫細胞が活発化されると、体内へ入ってきたウイルスを攻撃する力が高まり、風邪の予防やアレルギー症状を和らげることが可能に。 私や父と同じように肝臓がんと闘っている方々の心の支えになれればという思いで、このサイトを立ち上げました。 1週間のうち5日間は、5gのRBS米ぬか多糖体を摂取するという生活を継続したところ、摂取し始めてから半月ほどで、胃がんによる痛みが減って食欲が増加。
37
そもそもがんマーカーの低下は肝臓の機能の回復が関わっているわけです。 NK細胞活性についても確認しました。 いままでは成長をストップできなかったガンに対しても、米ぬか多糖体を組み合わせて治療していけば対抗できるかもしれないのです。 これは、外敵(非自己)を排除する免疫システムが働き、がん細胞を絶えず破壊しているためです」 こうした免疫システムの中で、中心となっているのが白血球のひとつリンパ球である。 一方で、通常治療に米ぬか多糖体を組み合わせた見たところ、がんマーカーレベルは大幅に下がったのです。
16