考古 学 捏造。 ゴッドハンド・藤村新一とかいう、日本考古学の信用度を失わせた闇深素人考古学者

また一部の遺跡について再発掘が行われ、掘り残されていた捏造石器が発見されるに及び、捏造が確定するに至った。

ところが14年がたった今、学界は何ひとつ変わっていない。

なお、以降では明確ながをして造られており、の性格から直ちに真偽が判断可能なため、捏造は不可能である。

学会で認められるためには、学会の権威によるお墨付きが必要となるが、その過程で業績の横取りということも起こり得る。

捏造発覚後に実施された長野県竹佐中原遺跡の発掘調査では石器の出土状態についてビデオ撮影をしながら調査が進められた点は身近に実施可能な記録であろう。

明治大学助教授・故杉原荘介氏は、相沢さんを岩宿遺跡の発見者として扱わなかった。

前期 (及び中期)旧石器時代を対象とした考古学のレベルは、その程度のものだったのだろうか。

71
この事件によって考古学の社会的な信用は大きく失墜し、母胎となった日本考古学協会の責任と研究者の倫理が大きく問われた しかし捏造発覚により、藤村の成果をもとに築かれた日本の前・中期旧石器研究は全て瓦解し、東北旧石器文化研究所は「学説の根幹が崩れた」と解散に至っている
捏造や経歴詐称の疑惑のあるアマチュア考古学者 「考古学のおやつ」では捏造疑惑のある旧石器についての議論が多い
前・中期旧石器問題調査研究特別委員会編『前・中期旧石器問題の検証』- による事件の調査・検証報告書• こうした正当な批判は、2000年11月5日の毎日新聞によるスクープまで、学界として省みられることはなかった 縄文人は基本的に南方系の形質が強いとされている
- 20世紀初頭に英国で発生した化石捏造事件 相沢忠洋さんによる「岩宿の発見」(1946年ごろ) 関東ローム層(赤土)の中に旧石器を発見 相沢忠洋(あいざわ・ただひろ)という在野の研究者がいた
同会は、日本における前期旧石器の存在の可能性をかねてより唱えていた教授の門下生・をリーダーとした考古学者らと、藤村のような在野の考古学愛好者らから成る発掘調査チームだった このため、上高森遺跡をはじめ、・など、多くの遺跡が旧石器時代の(遺跡)としての認定・登録を取り消された(上高森遺跡は包蔵地そのものを抹消、高森遺跡等は別の時代の包蔵地に変更)
翌(昭和49年)以降は、江合川流域の石器を中心とした踏査を始め、(昭和50年)にはこの時の仲間を主力とする石器文化談話会が結成され、石器探しの名人として活動した 80の中で、土器(浅鉢と深鉢)の色調および厚さの地理的勾配(等高線のように表示される)が、地域と時代によってダイナミックに変化している図をみて驚いたものだ
竹岡は武士の情けだろうか、それについては明言を避けた また、各遺跡の検証の動きを伝える地方紙も連日関連記事を掲載した
匿名性を利用した悪戯的な書き込みや感情的な書き込みもあったが、BBCの記事やキーリー報告などの海外の情報がいち早く紹介されたという点は注目される とりわけ発掘調査の学際的な研究の必要性や専門性を重視した発掘担当者の育成や配置、資格制度など積極的な提言がなされている
関連記事 親記事. 「みやぎ文化財発掘出土情報」は東北福祉大への非難も寄せられたが、多くは管理人への応援メッセージであった 『旧石器遺跡「捏造事件」』山川出版社 2010年10月• 毎日新聞旧石器遺跡取材班編(2003年)『古代史捏造』新潮社• また、現在は受付を終了したMSNのアンケートには多くの一般の方の感想・意見が書き込まれている
・: ・: ・: ・: ・: ・: ・: ・: 《掲示板・チャット》 事件発覚後は各サイトの掲示板に書き込みがあった 第4作業部会では前・中期旧石器と縄文時代の石器を型式学的に比較検討し、東北地方の縄文時代の石器に類品を見出すことができることを分かった
19 63