新型 レヴォーグ sti。 新型レヴォーグのグレードSTI SportとGT

STIスポーツにはZF製電子制御ダンパーが付く 「2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した新型スバル「レヴォーグ」の、一番人気のグレードである「STIスポーツEX」に試乗した。

77

・安藤 眞さんの試乗インプレッション ・国沢光宏さんの試乗インプレッション お二人とも、STI Sportのほうが、走り味が大きく優れている!との評価をされている。

スバルが2020年頃に実現を見込む高度運転支援技術を、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDがもたらすパフォーマンスと融合し、スバルならではの安心で愉しいツアラー像を表• 車両本体価格の値引き額の差が何十万もつくことはないので、買取価格の差の方が大きく、今乗っている車を高く売ることの方が大切です。

SGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用する新プラットフォームは基本的にレヴォーグと共通だし、インナーフレーム構造を持つ強靱なボディ構造もレヴォーグと同様となろう。

とりあえず、クルマで聴く音としては十分な音質だと思う。

新型レヴォーグ 2021年or2022年の特別仕様車でSTISportsにブラックカラーシート追加 先代レヴォーグでは、STIスポーツグレードでもボルドーではなく黒色のシートを選択できる「STI Sport EyeSight Black Selection」という特別仕様車が設定されたことがありまいた。

しかしながら、出来る限りの調整をした後に実際に音楽を聴いてみると、結構、いい音でした。

ボリュームに関しては、ソースの録音レベルがどうなのかによってオーディオ側のボリューム調整をどれくらいにするかが変わってくるので、そこはあまり気にしてません。

84
GT EX アイサイトX搭載。 ステアリングも重くなり、AWDもスポーツ制御だ。 初めてのフルモデルチェンジ。 しかも、 年が明けて1月に入っても、 「まだもうちょいイケそうだな」 というぐらいのフィーリングをキープしていた。 ただし後方および側方、斜め後ろの視界は充分以上に確保されており、スバルが主張する通りゼロ次安全の向上に寄与しているのは間違いない。
29