ホロライブ オルタナティブ。 異世界創造プロジェクト「ホロライブ・オルタナティブ」始動!『Bloom,』にて発表された告知まとめ!

最大の特徴は、メンバーそれぞれが自ら企画を考えて日々ゲームや歌、雑談、企画などのライブ配信を行なう「配信者」であると同時に、ステージで歌って踊る「アイドル」でもあること そしてもうひとつ印象的なのは、2019年の冬に開催された「コミックマーケット97」(C97)でホロライブが頒布した小冊子「HOLOEARTH CHRONICLES volume0」との繋がりだ
10ヶ月で出来たのが ちょっと語弊がありますが 使い回しに等しいふわっとした企画内容と30秒のアニメPV1本、そしてって? いやまあ流石にこれから集めるだけじゃなくて、裏でちゃんと仕事として依頼はしてるでしょうけど…… トピック作成者: k フォーラム:• VTuberグループ「ホロライブ」そこに所属する彼女たちの、同じようでいて違う、あるいは、違うようでいて同じーー……そんな、ほんのすこしだけ別の可能性
またプロジェクト全体のデザイン、ロゴ、モーション、PVテロップ設計はデザイナー・ 有馬トモユキさんが担当 内容を見る限り、市井で流れている噂を思わせる部分があり、その部分が伝言ゲームでニュアンスを変えつつ一人歩きをして行ったのだと考えられる
仮にこの発言が本当だった場合、兎田ぺこらは ホロライブメンバーでありPVにも出演していてコンテンツへの参加が確定しているにも拘らず社を挙げて立ち上げた企画そのものを一切知らなかったってことになりますね これに関してホロライブの判断は間違ってはいない
VTuberの場合、通常のゲーム配信者やライブ配信者と大きく異なるのは、こういった領域に先んじて踏み出していけること 2月17日に行われた「 hololive IDOL PROJECT 1st Live. プロジェクトの発足当初から関わっていたのにあり得ない対応を受けたと怒っている事から、蔑ろにされたと感じている可能性が高いと思われる
92 15