アップル カー。 フェイク飛び交うアップルカー情報、開発の現状は? 世界的なEVシフトとアップルの秘密主義が生んだ「情報の混乱」(1/4)

最終的には一般向けの車両を販売するものとみられるが、自動運転の実用化に向けてより確実性の高い「特定用途」「特定地域」に特化した領域から取り組むという姿勢からは、Apple Car実現に向けたAppleの本気度を感じざるをえない。
2月9日に開催された日産の2020年度第3四半期決算の記者発表では、EV戦略に関連して早速「アップルからコンタクトやアプローチはあったか」という質問が飛び出した しかし、アップルのような方式は「水平分業」
ただAppleがあまたあるIT企業と異なるのは、ハードの開発能力が抜群に高いことである 生産の前に開発だって必要
アップルカーの詳細については公式発表を待つしかないのですが、従来の自動車とは根本的に異なる商品であることは間違いないようです
モノとしてのクルマの生産には踏み込まないというアップル社の基本方針も、ティム・クックの2017年のインタビュー以降、変更がないことを筆者は確信している ちなみにリッチオ氏はクックCEOと同じコンパックの出身で、2010年にiPadが発表されると、iPadのエンジニアリング担当役員になるなど、Appleの新しい製品カテゴリの立ち上げを経験しています
マンスフィールド氏は2020年に引退 2021年1月には、韓国メディアがアップルと韓国・現代自動車(ヒュンダイ)がパートナーシップを3月までに結び、2024年ごろに米国内で生産を開始すると報じた
月曜日に東芝株が爆上げするのを指を加えて見ているしかない 残念 こんばんは ここ数週間、ロイターとブルームバークがともに「プロジェクト・タイタン」と呼ばれるアップルのプロジェクトに何かが起きていると報じた
iPhoneを生産しているのは台湾の「フォックスコン」という企業ながら、アップルのような利益を上げているかとなれば「いいえ」 このほか、Foxconnは中国系の中堅自動車メーカーとの合弁会社の設立によりEVの受託製造サービスに参入することからも、FoxconnがApple Carを受託生産する可能性は十分にありそうだ
この記事は有料会員限定です マンスフィールド氏は、かつてMacBook AirやiMac、iPadなどの製品開発を手がけた実績にある人物です
しかしその直後の8月、マンスフィールド氏の引退は取り消され、同じタイミングでマンスフィールド氏と同じハードウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントの地位に、ダン・リッチオ氏が昇格しています アップルの動きに、自動車業界は不安と期待が交錯する
自動車はガソリン車であれEVであれ、マイコンという半導体で走行その他を制御する「電子部品の塊」となっており、ビッグデータ、人工知能(AI)を組み合わせた自動運転技術への取り組みが、今後の自動車業界の覇権を左右するともいわれる いまだにマツダへ生産委託するという予測は消えておらず、3月2日時点でも870円を付けてます

利益率、極めて低いという。

2012年6月、長年製品のエンジニアリングを担当してきた役員、ボブ・マンスフィールド氏が退任するという人事が発表されました。

アップルがテレビを作るという噂は確かに流れていました。

このプロジェクトが、自動運転車開発であるとされています。

ヒュンダイと提携するかのような混乱した報道もあった。

調達先として考えられるLiDAR企業としては、Luminar Technologies(ルミナー・テクノロジーズ)やAeva(エヴァ)、AEye(エーアイ)、Velodyne Lidar(ベロダインライダー)などのアメリカ企業のほか、ソリッドステート式LiDARの開発に力を入れているソニーなども考えられる。

ただ、斬新なインターフェイスを導入した際に「アップルが正しい」ことの証明にもなるため、Samsung以外にそこまで真剣に反論せず、フォロワーを増やす戦略をあえて採っているようにも見えますが……。

とはいえ、自動車産業のシフトは起きている。

同プロジェクトは長年にわたり、進んでは止まりを繰り返してきた。

ソニーは、変革期を迎えた自動車の在り方を見つめ直す目的でオリジナルの自動車作りに一から取り組んでいる。

53
数字だけを見れば良さそうな話ではある。 もっとも直接的な要因は、2021年1月12日、完全オンラインで開催されたCES 2021の影響だ。 Pythonのプログラミングスキルやディープラーニングのアルゴリズムとワークフローに関する理解などをベースに、ArrowやBazel、Docker、MySQLなどのテクノロジーに関する経験やSQL・非SQLデータベースの経験など、職種に応じた専門スキルが求められている。 同社は2020年6月にトヨタを抜いて世界一の時価総額を誇る自動車メーカーになった。 2016年夏にはプロジェクトの責任者に、かつてiMacやMac Book Airを手がけた元アップル役員のボブ・マンスフィールドが指名されたと「ウォール・ストリート・ジャーナル」で報道された。 これが提携に含みを持たせた発言として受け止められたことで、世間の注目が集まったのだ。 そして、コリアタイムスが4月14日、。 まさかの日本車メーカーがAppleと提携する可能性が? マツダ MX-30 EV 2021年2月、Appleがアップルカーの生産を日本の自動車メーカーに委託するのでは?という噂や憶測が飛び交い、可能性があると考えられる国産メーカーの株が急騰する事態となりました。 豊田社長は「アップル社が自動車事業に参入することは歓迎するが、自動車を作るにしても40年程度は顧客たちや多様な変化に対応する準備期間が必要だということを理解したらいいと思う」と助言した。 多くの人は見たいと思う現実しか見ない」という言葉はユリウス・カエサルが『ガリア戦記』で記した有名な一節である。
53