Excel 印刷 範囲 設定。 【図解で簡単!】エクセルのページ設定・印刷範囲・改ページプレビューの設定方法!

「拡大/縮小」の場合は、倍率は等倍の「100%」に戻しておきましょう。
例題ではどちらも選択していますが、例えば、下図のように「水平」の選択を解除すると、イメージ図のレイアウトが「水平」から「左詰め」に変化します。 印刷範囲を選んで印刷方法• 【手順】• 今回の改ページプレビューは、印刷操作のレベルアップに大変おすすめの便利技です。 「ファイル」タブをクリックして「印刷」をクリックすると、右側に表示される印刷プレビューには先ほど選択した範囲のみが表示されています。 複数行選択できるため、自由に選択してください。 たとえばフッターの右端にページ番号を印刷したい場合、まずプルダウンから好きな表示形式のページ番号を選びます。 横1枚に納めたい場合は縦の「1」を空欄にします。 印刷範囲が追加されます。 [ページレイアウト]タブのページ設定グループのダイアログボックス起動ツールをクリックします。 Kutools forExcelの[スクロール領域の設定]ユーティリティでのみ印刷領域を表示する Kutools for Excelがインストールされている場合、 ユーティリティを使用すると、現在のワークシートに印刷領域のみを簡単に表示できます。
65

しかも目立たないので、意識していないと見落としがちです。

なお、印刷対象外はグレーの領域になっています。

「作業グループ」を解除する場合は、Ctrlキーを押しながら「シート見出し」をもう一度クリックしてみてください。

印刷範囲からクリアしたい範囲の枠線をドラッグして、印刷範囲を一部クリアすることができます。

「いま現在の印刷範囲」• 表を用紙の中央に配置して印刷する場合は、設定をしておく必要があります。

印刷範囲を設定する方法 まずはエクセルで印刷範囲を設定する、基本的な手順を確認してみます。

つまり、表の区切ってもおかしくない任意の位置で改ページされるように設定します。

その後、選択は解除しても問題ありません。

52