ユニオン キャリアー。 【アダマシア】ユニオン・キャリアー型と幻獣機アウローラドン型について比較考察【魔救】|カシラウオ(ウホ)|note

装備モンスターが戦闘によって破壊される場合は、 代わりにこのカードを破壊する。

貫通力が高い。

自身も対象にでき機械か光を持ってこれ、ヴァイロンプリズムあたり装備すれば、リンク2としては高い戦闘力を発揮できる。

出典: 最大で3枚もの岩石族を加えることのできる強力なサーチカードです。

トレトクは レアカードとノーマルの仕分けが不要で、 買取実績160万件と圧倒的な人気を持っています。

リミットレギュレーションでどうなるか予想. 「破壊剣」モンスター モンスターに装備されていることによって相手の行動を抑制する効果を発揮することが出来るモンスター群です。

《ユニオン・キャリアー》自体がリンク召喚したターンにはリンク素材にはできませんが、《I:Pマスカレーナ》と組み合わせて、相手ターンにリンク素材にしてしまえば《双宆の騎士アストラム》にもつなげられますね。

《聖騎士の追想 イゾルデ》のリンク先へ 《閃光の騎士》2体をP召喚• この効果でデッキから装備した場合、 ターン終了時まで自分はその装備したモンスターカード及びその同名モンスターを特殊召喚できない。

それでは2つの型を比較していきます。

《E・HERO マグマ・ネオス》• 《ユニオン・キャリアー》を《サクリファイス・アニマ》で装備し、装備された《おもちゃ箱》を破壊することで通常モンスターを2体特殊召喚していきます(対応する通常モンスターの一覧は)。 (神通含めた激流葬、スキドレは注意) 比較対象は3軸シンクロですかね?ブロドラのリソース、ドラガイトの捲り力はアダマシアならではと思います。 この効果でデッキから装備した場合、ターン終了時まで自分はその装備したモンスターカード及びその同名モンスターを特殊召喚できない』モンスター効果の対象として、自分のモンスターゾーンに表側表示で存在する「A-アサルト・コア」を選択しました。 第3期当時にしては多いテキスト量のために簡略化されてしまったのか、この時点では側がユニオンモンスターの共通ルールとして「自身効果での装備時のみ」と考えていたのか…… 真相は謎ですが、テキストから読み取れない要素もあるので 《ユニオン・キャリアー》を使用する際には気を付けましょう!!!! 4.オマケ 《ゲットライド!》. 装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。 盤面に必要な最低条件として、墓地へ落としたいモンスターと同じ種族、あるいは属性を持つモンスターと 《ユニオン・キャリアー》が必要になります。 ゴミ山かな? 泣き神は地属性だったら完璧だった。 このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。 元々の種族または元々の属性が対象のモンスターと同じモンスター1体を手札・デッキから選び、攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。 また《トリアス・ヒエラルキア》をエクシーズ素材にするため、除外されず再び効果を使うことができるようになります。 1 :自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
《『焔聖剣-デュランダル』》の効果で 《イグナイト・ドラグノフ》をサーチ• レベル7シンクロ2体で揃える・《源竜星ーボウテンコウ》のレベルを変更して揃えることでもエクシーズ召喚可能です 手札からも装備可能なのも魅力であり、素引きしてしまっても対応可能
対応する融合モンスター• 《剣闘獣ドミティアノス》• 2 :装備モンスターは他の相手の罠カードの効果を受けない 《E・HERO グロー・ネオス》• しかし、今まででは困難だったり、不可能だったコンボを可能としてくれたことにより、 《ユニオン・キャリアー》からのコンボの分岐先が大幅に広がり、デッキ構築の幅を大きく広げてくれたカードだなぁと個人的には感じています
続いては 4期のユニオンモンスター、 《守護霊アイリン》 フィールド上に存在する上記のカードを墓地に送った場合のみ、融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)
元々の種族または元々の属性が対象のモンスターと同じモンスター1体を手札・デッキから選び、攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する 60 刻不知のデュガレス》 水 《イビリチュア・メロウガイスト》 《深淵に潜む者》 《No. このことから《》の相場が若干上がり始めていたりします
あとは、『融合』魔法を用いての融合召喚もできません このように、モンスターAを場から離すためのカードを用意する必要があるため、どうしてもコンボパーツが多くなってしまいます
11