せ ックスピストル ず ジョジョ。 黄金の風

スタンド名は北米版では"Emperor Crimson"(エンペラー・クリムゾン)と改名されている。

最初は父親がギャングのボスで、知らず知らずのうちに抗争に巻き込まれたことと、初めて知ったスタンドの存在と自身にもそれが見えることに強気な態度を見せながらも内心怯えていたが、子を思わない父親はいないとブチャラティの言葉を受け、会うことを決意する。

トリッシュ・ウナ: 千本木彩花• また本部はそれまでと異なり「哀しみ」をテーマに描いているため、明らかに作風が変わったという。

ポルポの死後、彼が遺した隠し財産を組織に納め、ポルポのナワバリを引き継ぐ形で幹部へと昇進する。

「男たちの奇妙な愛情! ギャング組織内での抗争であり、前半はボスの命令で主役が行動するが中盤にて離反し、数量面での圧倒的劣勢へとひっくり返る。

オリジナル・ピストルズ・ライヴ』 - Anarchy in the UK: Live at the 76 Club 1985年• 冷静沈着な頭脳派で、感情的なスクアーロのブレーキ役も担う。

最終決戦でディアボロが倒された後は、ジョルノが新たなボスとなった。

『』では、台頭の過程が掘り下げられ、まずは既存組織に対する「義賊」として支持を得、組織拡大で組織基盤が確立したと同時に麻薬を開拓したとされている。

6月よりワールド・ツアーを決行し、翌7月にはライヴ・アルバム『』を発売。

ひょっとしたら単なる好奇心なのかも…?」と答えている。

ミスタそして仲間たちがブチャラティをどのように慕っていたか…もはや崇拝に近い敬慕とチームの仲間との絆が描かれた、いかにもギャングの青年らしいこの話は、ボスを倒した後の挿入話となっています。

しかし、ジョルノが自らパープル・ヘイズの殺人ウイルスに感染しながら鏡の中へ入ってきたことで自身もウイルス感染し、感染した腕部分を切り離して鏡の外へ脱出するも、現実世界で待ち受けていたパープル・ヘイズに捕まり死亡した。

彼はいつも足を洗っていて、ピストルズには見えなかった」と語っている。

保守的な傾向の強いからツアーを始めたが、、公演後に、もはや嫌気がさしていたジョニー・ロットンがバンドを脱退。

エピローグでは、ジョルノと出会う直前の行動が描かれており、その頃からすでにブチャラティの死は運命として決定づけられていたことが明かされている。

額にデジタル表示のタイマーがついている。

完全な自動操縦タイプで、発動そのものがポルポの意思とは無関係であり、たとえ破壊されようとポルポには一切ダメージは伝わらないどころか、スタンドが戦っていることにすら気づくことはない。

エアーソー• 文庫版以降は「チョコラータ」に統一されている。

テレビアニメ版ではイルーゾォ戦で彼の過去について詳細に掘り下げられている。

スタンド能力についての言及は無く詳細不明。

『週刊少年ジャンプ』連載時には「気分はJOJO」というおまけ・広告的なコーナーがあった。

71