目糞 鼻糞 を 笑う。 ことわざ・目糞鼻糞を笑う

これは何かで読んだことがある気がします。

まとめ 筋違いだと分かっていても自分の欠点やミスを正当化するため、人のことを指摘することがあります。

直訳すれば「ポットがやかんを黒助呼ばわりする」といったところで、ポットは自分も十分に煤けているのにやかんの煤け具合をからかっているという構図です。 差が大きすぎるもの同士に使うのは誤り。 また、あざ笑う者も笑われる者も大した違いはないというたとえ。 。 五十歩百歩• 目くそも鼻くそも同じような汚いものなのに、片方が片方を嘲笑っているという例えです。 これは湿性耳垢を前提とする言い方といえそうです。 でも、きっとダントツで細菌数が多くて、不衛生なのは歯糞なんでしょうね。 なので、「目糞・鼻糞・耳糞・歯糞にはリゾチーム配合!」です。
57

鼻糞は「鼻をほじるんじゃありません」と幼児は誰も言われると思いますが、その時のバッチいイメージです。

腐れ柿が熟柿を笑う• 自分のことを棚にあげて、他人の欠点をあげつらうことのたとえ。

大差ない• 目から出る粘りのある液体が固まったもの。

鍋がやかんを黒いとけなす• 「ワッハハ」など。

鍋がやかんを黒いとけなす• よく「自分のことは棚に上げる。

リゾチームのお陰で、どれも危険な程不衛生という訳ではないですが、どれも皮膚などと比べれば不衛生という感じです。

歯糞 となりますかね。

56 52