エクセル リスト 抽出。 エクセルで重複するデータ、重複しないデータを抽出する方法|Office Hack

2つのデータの比較をし、差分や一致したデータだけを抽出してリストにしたい事ありますよね その数値をINDEX関数の行に指定し、抽出したいデータが格納されている列を指定することで、目的のデータを抽出できる
飲食店形式については、こちらで設定した5つの項目から選択するという仕様になっていますが、作成したい表に合わせて項目を設定してください VLOOKUP関数の引数の列番号は数式をコピーするのを前提にCOLUMN関数を使って 連番 2,3,4 を生成するように小細工をしています
まずは項目を管理するために新しいシートを用意します また、全ての項目をプルダウンリスト化して連動させることでケアレスミスを防ぐことが出来ますが、逆に汎用性に欠けてしまうということも挙げられます
下方向へは必要なだけコピーします 日付 商品 販売数 5月1日 みかん 100 5月2日 りんご 120 5月3日 バナナ 110 5月4日 桃 50 5月1日 バナナ 140 5月2日 桃 110 5月3日 みかん 105 5月4日 りんご 150 5月1日 バナナ 120 5月2日 桃 140• 条件 必須 :抽出する条件を指定します
抽出元のデータに変更があった場合、関数を使用していれば下図のように、抽出結果に即座に反映されます ただ、鉛筆が記載されている行以上の行は「 REF! Microsoft 365では XLOOKUP関数やSEQUENCE関数を使うことができます
数式を、{ }が付く 「配列数式」にする必要があるのです 厳密にいうと違うけれど感覚的には「表 データの範囲 から指定した条件に一致するデータを抽出できます
同じシート内で項目を記入した場合は、こちらのステップを省略してください 」として 用意しておいた数以上の「結果」があった場合には表を作り直す必要があり、逆に 用意した「No. 一致しているものについては連番を付けてやります
【考え方】条件と一致しているか否かを調べます 作業列を利用します IFERROR関数はExcel2007で追加された関数です
47 89