Twitter センシティブ 解除。 Twitterのセンシティブを解除する方法・なぜか英語でわからない

誤ってこちらをオンに設定してしまうと、なんと自分のツイートが全部センシティブな内容に (1年以上センシティブを放置していたと言うことは置いておいて・・・
アカウントが誤って制限されていると思われる場合は、サポートに問い合わせて異議申し立てを行うことができるようです 自主的に通報することもできる センシティブは常に解除しておきたい!でもセンシティブと思われるツイートを放置しているのは許せない! そんな正義感の強い方は、「通報」制度を利用することもできます
該当アカウントのツイートもしくはアカウントのプロフィール画面の右上にある「 … 」をタップすると「 @さんをミュート 」という項目が確認できますね 非表示に設定しても不愉快な画像や動画が表示されてしまう場合は、ツイートの通報やミュートといった機能を使うとよいでしょう
この場合は、非表示設定となっているため、表示する設定に変えていきましょう ライブ放送の場合は、コンテンツ全体を削除します
すると、謎は簡単に解けました
非表示にする方法-スマホ版 次にスマホ版ですね Twitterの「センシティブな内容」とは まずは Twitterの「センシティブな内容」がどういったものなのか簡単に解説しておきたいと思います
「 センシティブな内容 」を表示させるか否かの判断は難しいところですが、タイムライン上でどの程度のツイートが「 センシティブな内容 」とされているかを見つつ判断していくことがオススメです ただし、解除してもそのまますぐには見れないので、一度Twitterアプリを終了して再起動させてください
その他には推測ですが、設定した生年月日から18歳未満のアカウントに対してはより厳しいフィルターをかけているのではないかと思われます まず、ミュートしているアカウントでも自分をフォローできる上、自分もミュートしているアカウントをフォローできます
』と説明があります。 チェックを入れると、お見事!解除されます。 その後、セキュリティに表示されているセンシティブな内容を含む画像・動画を表示するのチェックを外しましょう。 アカウントの「 設定とプライバシー 」から「 プライバシーとセキュリティ 」に入っていきます。 この様な画面になったら、一番左側に並んでいる項目の【プライバシーとセキュリティ】をクリックします。
93