陶酔 意味。 「陶酔」の意味と使い方!「心酔」との違いは?【類語・例文】|語彙力.com

但し、泥酔ではありません。 満塁ホームランを打った直後、彼は陶酔状態にあった。 また 「陶酔」が、 比較的短い時間軸の場合に使うのに対して 「心酔」は 長い時間軸の状態に対しても使います。 「陶」は音読みだと「トウ」、訓読みだと「すえ」と読みます。 酒を酌み尽くすこと• それに対して、「心酔」は「ある物事や、人物に夢中になる事」を表しています。 心酔の読み方 心酔は「しんすい」という読み方をします。 「有頂天」「無我夢中」とも訳され、いずれも通常ではない精神状態にあることを示しています。 この点は見習うべきなのかもしれません。 「傾注」の意味は、• 「陶酔」ってなに? 「陶酔」という言葉を、誰しも一度は目にしたことがあるでしょう。
55
グループで会話しているときも、周りの人の表情や空気を読み、何を話すべきか、考える時間を作りましょう (2)人に興味をもつ 自己陶酔していると、人への興味が薄くなりがち
勝利の美酒に陶酔する ほかにも、宗教的な教えに触れたり信仰したりすることで感じる喜びという意味合いもあります
ある人や物事に心をかたむけて熱中すること です しかし、それぞれの言葉から受ける印象には微妙な違いがあります
趣味は酒とゲームと料理 ガールフレンドに接吻されて、彼は酔ったようにうっとりしていた
「酔」は音読みだと「スイ」、訓読みだと「よう」と読みます 人を責めることで自分の成長は止まります
目まいのような陶酔感を味わった 音楽に陶酔した彼らは、うっとりとした眼をあげて聴き入っていた
陶酔の使い方 陶酔を使った分かりやすい例としては、「あの俳優の名演技に陶酔する」「この選手は過去の栄光が忘れられない陶酔状態が続いている」「陶酔感に浸ることができる景色が広がっている」などがあります 子供の頃に心酔するほど読みこんだ漫画は今でも宝物• 陶酔状態の意味 うっとりして我を忘れている状態、自己陶酔している人のことを指す言葉です
「心酔」は< しんすい>と読みます 「陶酔境」の意味 二つ目の「陶酔境」(読み方:とうすいきょう)とは、ほどよく酒に酔った時のうっとりとして心地よい感覚を意味する言葉です
字面だけ見ると、何かが倒れる様子を表した言葉かなと思ってしまいますよね 新しい考え方に出会うことで、バランスのいい生き方を目指しましょう
5