二 代目 若乃花。 花田虎上

77
7月場所は平成時代2例目の(曙・貴乃花・若乃花・武蔵丸)と成るも、横綱昇進後初の初日から全休となった。 当時はまだ若三杉の四股名でした。 『大相撲ジャーナル』2016年9月号12ページ• 2000年3月場所、現役最後の対戦相手は奇しくも明大中野高校の後輩でもある、だった。 それでも成績と相撲内容は安定しており、当時北の湖に次いで歴代2位の記録にあたる、通算()28場所連続の成績を挙げる(現在は・・北の湖に次ぎ、と並ぶ歴代4位タイ)。 実弟は「年寄株や登記書などの父の遺産が行方不明になっており、兄に『年寄株を買い取れ』などと要求された」 「相撲を辞めた人間が相撲の事を語るな」などと様々なテレビ番組に出演し話していたが 、この件に関して花田はマスコミの取材を一切受けず反論もしなかった。 若いと言っても、私たちが結婚した時、親方は23でしたから、それに比べれば二人とも大人ですよ。 通算(幕内)連続勝ち越し記録:28場所(歴代4位タイ・1976年7月場所〜1981年1月場所)• 若ノ鵬解雇の際「若ノ鵬が部屋の外にマンションを借りていたのは、知らなかったでは済まないと思うが知らなかった」と発言していた。 その後、長男、長女、三女とも交流を再開したと話している。
55