シトロン リサーチ。 GameStop株で学ぶ、空売りファンドが儲ける仕組みと個人投資家がそれを打ち破った方法

レポートの中で企業を挑発したり、下品な表現で貶めたりすることで知られ、レフト自身は「他社の分析レポートは退屈極まりないので、自分は読者に読みたいと思わせるように書いている」とうそぶいている。

2001年設立のシトロン・リサーチ(画像は同社ホームページ) シトロン・リサーチは、デトロイト市郊外で生まれたユダヤ人で、ボストンにあるノースイースタン大学を卒業後、強引かつ詐欺的な商品取引会社のセールスマンとして働き、業界団体から制裁を受けたことがあるアンドリュー・レフトが2001年に設立した。

日本市場に姿を現し始めたアメリカのカラ売りファンド ゲームストップ株はこの日一時2倍高
9月6日、空売りを専門とする米投資情報会社シトロン・リサーチ率いるアンドリュー・レフト氏が、電気自動車メーカー大手テスラと同社のイーロン・マスク最高経営責任者を提訴した シトロンを率いるアンドリュー・レフト氏は、ユーチューブに動画を投稿
空売りは、「ダウンサイドが無限である」という点でユニークだ ここでは1株10ドルだと仮定しよう
ファーストフードチェーンの「シェイクシャック」の場合は不健全といってもいいほどで、同社の株式の半分が空売りされている状態だ しかし紀元前にはすでにやに伝来していた
筑波大学発のベンチャー企業で、医療・介護向けのロボットスーツ「HAL」を手掛けるサイバーダイン 7779 を巡る動きに注目したい 利用 [ ] 果汁は飲料に使われたり、の原料にされたりする
カラ売りは明らかに成功である HALは、身体を動かすときに発生する生体電位を装着者の皮膚表面から読み取り、歩行や関節の動作をアシストする装着型ロボット
サイバーダインの株主構成をみると、この売買が可能なのは、名目上筆頭株主で3769万株を保有する大和ハウス 1925 のみだ 2019年10月20日閲覧
29 37