一番楽な死に方。 一番楽な死に方

理想の死に方 理想の死に方 (2012年8月21日) 1 「死」を考える日常 わたしは一日に一回必ず「じぶんの死」について考える。

そうならないためには、人に見つからなそうな場所を選ぶのがベストです。

それどころか、脳に損傷を負う後遺症が残ると、自殺を図ること自体困難でありしかも生きることも困難という、非常に辛い現実が待っているということになります。 (黒猫館&黒猫館館長). 「飛び降り」も恐い。 天国も地獄も生まれ変わりも存在しない。 お尻や背中が床についていた例もあるそうで、高さが30cmあれば十分だという説もあります。 練炭自殺は一酸化炭素中毒で楽に死ぬ方法なので、準備をして、いざ実行しようと思うとできないってこともあります。 なにもせず、お金の心配も、将来への心配もせず、ずっと1人で好きなことだけやって生活をすると言うのは、アラブの石油王の息子として生まれないかぎり不可能です… だからこそ楽な死に方でキレイに消えてしまいたいと考えてしまうんですよね。 下手すりゃ 止めたやつが殺されるぞ。
60 98