やまと 尼寺 精進 日記 最終 回。 「やまと尼寺精進日記」最終回: 「蛙の行列」

精進料理を作ったり宿坊に人を泊めて費用をまかなってるそうです 』 (慈瞳さんラジオ出演 Youtube) 慈瞳さんが仏門に入ったきっかけ、緩和ケアのことなどが語られています
一区切りということで、観音寺ではほっと一息でしょうか 、、、、 2020年6月3日頃 寺犬のタロウが亡くなる
「田舎でのんびり」に誤解が多いように、「お寺でのんびり暮らす」も現実にはちょっと難しいのではないでしょうか 睦月、如月、弥生、卯月、皐月、水無月、文月、葉月、長月、神無月、霜月、師走
音羽では潤子さんが作っている 番組の舞台 『やまと尼寺 精進日記』の舞台になっているのは、奈良県桜井市に居を構える「 音羽山観音寺」というお寺です
でもあれくらいが良いのかも知れません レギュラー番組の初めの二回程度見ていないのと、その前の3回も見ていないので再放送を見るのが楽しみです
そこに大勢の人が集まるわけですから、今年は難しいかな? 金星さんにとっては、尼寺までのあの急な坂道はすでに散歩道?になってしまったのではないでしょうか 2021. 新暦では3月下旬から5月上旬ごろに当たる
28 82