宇髄天元 かっこいい画像。 宇随天元がかっこいいですね!嫁や弟や継子も調べてみました!【鬼滅の刃(きめつのやいば)】

更に鬼の体にダメージを与える特殊な 爆薬丸を作りそれを併用する事で、攻撃力を増強させて鬼と対峙していきました。

一見刺青 いれずみ のようにも見えますが、素顔になった場面ではこの模様はありませんでした。

上弦の陸との戦闘で左目を失明して以降は、宝石ギラギラの眼帯をしているため、👆のような模様はなくなっています。

宇髄の戦いは、それを見るすべての者たちに、生きることの尊さを思い出させたのだった。

スッピンが地味顔と気にしてるようですが、カッコイイですしそのままでも十分ですよね。

派手に爆発しています。

ただし、要所要所では判断力の高さを見せます。

髪の毛の色が派手である。

しかしこれを聞いて、女好きな善逸は嫉妬に狂っていましたね^^; そしてもっと詳しいエピソードを紹介したいのですが、本編中に宇随天元と奥さんとのシーンはあるのですがエピソードの数はそんなに有りません。

優先して嫁を助ける優しい男 任務遂行の為に毒を飲み床へ伏した健気な雛鶴へ、天元は彼女の為に用意した解毒剤を飲ませます。

今の段階で、上弦ノ伍が未だ登場していませんね。 聴覚が優れているため、戦闘のみならず諜報活動にも活用出来優れた攻撃手法を繰り広げます。 髪の毛の色が派手である。 禰豆子を初めて見た時に、「鬼に憑かれているのだ」と言っています。 きっと、柱を引退したあとも4人で仲良く暮らしていくでしょうね。 ということが挙げられます。
74
善逸の気持ちもわかります 3人も嫁がいますが、みな仲が良いのは3人の嫁を分け隔てなく大切にしているからとわかります
もう一度言う、俺は神だ!!」と言っています 訳ありで家を出た宇随天元と、確執のあった実家や弟についてのエピソードは未だに分かっていません
大正時代の男性にしては、こういう考え方はとても新しいですし思いやりに溢れていますね 宇髄もまた戦闘中に、ありし日の煉獄の姿を思い出す
禰豆子を初めて見た時に、「鬼に憑かれているのだ」と言っています 恋の呼吸を極めて「恋柱」の称号を得ています
そしてその嫁3人も宇髄天元に対して愛情を抱いているようでした 不死川実弥の階級は風柱で、呼吸は風の呼吸です
74