集団 ストーカー。 集団ストーカー被害(ガスライティング)の対策法&撃退法

の藤井富雄さんがのの組長と会ったところをビデ オに撮られたらしい。 とにおいて、幹部が流出に関わっていたと報道。 個人からのストーカー以上に被害者を追いつめる行為として、いま問題となっているようです。 これら全てを無視し平穏に暮らすことは、集団ストーカーへの勝利を意味します。 それらの社会的追い込みの被害者にニート、ひきこもり、ワーキングプア、フリーターなどになってるものが多いと思われる。 一人のとある被害者は、行く先々で見たこともない人物に日々監視され、SNS上で嫌がらせのメールに悩まされる毎日。 結果、300万円を手にしたと言う。 『』内では「自分がで、考えていることが周りに筒抜けである」というに取りつかれたのもある。 これで政治的な目的を達成するとともに、ターゲットを統合失調症に仕立て上げ薬漬けにしたり精神病院に入院させることで、彼らの利権の一つである精神医療業界が儲かることにもなりますし、違法な人体実験でのデータ収集や個人的な好き嫌いでターゲットを選ぶこともできるので、彼らにとって、1石5鳥、6鳥ものメリットがあります。 ネットワークは広大でおそらく世界中に広がってると思われる。
49 29