2030 未来 へ の 分岐 点。 NHK Nスぺ『2030未来への分岐点(4)ゲノムテクノロジーの光と影』放送|気になる遺伝子

首都圏を流. SDGs(Sustainable Development Goals)=持続可能な開発目標は、2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までに達成するために掲げられた17の大きな目標です。
菅総理大臣やノーベル賞受賞者の吉野彰さん、経団連の杉森務副会長などが出席する中、トラウデンさんは若い世代の1人として考えを述べました。 すでにドイツ大手電気会社の化石燃料発電部門が売りにでたものの、買い手がつかなかったといいます。 例えば、オンライン上でアイスやシャンプー洗剤など、買いたい商品を選ぶと、異なるメーカーの製品が専用のバッグにまとめられ、自宅に送り届けられます。 どこにあるか正確にはわかりませんが、臨界点に近づいているとわれわれは結論づけています。 この人たちが声を上げれば社会は変わるかもしれません」 江守さんは、少数の活動が広がって社会が変わった例として 「分煙化」を挙げます。 今月22日・23日にはアメリカ主催の気候サミット、そして24日にはClimate Liveが世界23か国で開催されます。
37
気候変動により自然災害の被害が甚大化している様子を目の当たりにし、強い危機感を感じたと言います。 (地球のミライ 取材班 ディレクター 三木健太郎) 埼玉から東京湾へ注ぐ流域人口1,000万人の荒川。 どんな理想も、まずは目標の設定なしには始まりません。 やがて、シベリアの永久凍土が溶けてメタンガスが噴き出てくる。 「2050年カーボンニュートラル実現の鍵として、欧州各国や米国の州は『2030年までに40〜74%』という高い再生可能エネルギー電力導入目標を決めているのに、日本の現在の2030年度目標は『22~24%』に留まっています。
84