富山 降雪 予報。 降雪量予報富山

53
突然ですがみなさんは、「なんだか年々、雪の量が減っているような気がするなぁ」と思ったことはありませんか? 富山県には過去に、サンパチ豪雪やゴウロク豪雪と語り継がれる、死者までも出てしまった記録的大雪が昭和38年と昭和56年にありました。 もしかしたら雪が降った日が年々減っているのかもしれません。 倒木や樹木の垂れ下がりによる停電や鉄道の線路支障が発生したり、積雪による線路のポイント故障や路面凍結によるスリップ事故の発生、都市高速の通行止め、立ち往生による大規模な車両滞留などに発展するおそれがあります。 ただインターネット上にグラフがなかったので、富山地方気象台のデータを拾ってきてグラフにしてみました。 秋田県なんかはめっちゃ雪増えてるやん。 。 雪は減っている 毎年のデータだけ見れば、雪が減っているかわからなかったのですが、平均すると降雪量は減っていました。 山陰から近畿北部、北日本の日本海側でも20cm前後の雪が予想され、強い風により吹き溜まりになるとさらに多くなる所があります。 ただ今ってそこまでヤバい積雪量を感じたこともないし、実際に雪って減ってるんですかね。 一方、「積雪量」は、自然の状態でのその時刻の雪の深さをし、簡単に言えば「今ここに何センチの雪があるのか」ということです。
59
今は大雪が降っても、朝一に融雪車が動いてくれますし、融雪剤もしっかりと撒かれています これから午後にかけてJPCZに伴う活発な雪雲は、北陸地方にかかる予想です
また「降雪量」と「積雪量」のふたつの言葉が出てきましたが、この2つは違うものです ということで、地球温暖化の原因かなにかわかりませんが降雪量は減っていました
屋根からの落雪の危険性も高まり、山間部では雪崩に警戒が必要です 今度は雪が降った日数データを見てみましょう
平成18年はかなり降った方なのですが、覚えている人はいるでしょうか 内陸部の市街地でも20~50cmの新たな雪が積もる見込みです
また昔はすごく雪が降っていたというのは、融雪インフラがちゃんと整備されてないときのことだとも判断できます 強い雪のエリアは少し南に移動し、石川県から福井県にかけて強まる可能性が高いと見ています
ただ、このデータだけでは年々、雪が減っているということを証明できなかったので他の視点からも見ていきましょう 九州は今夜、一時的に雪の強まる可能性があり、山沿いでは10cm前後、市街地でも数cm程度の雪が積もる予想です
昔はすごかった自慢をしているように聞こえるのですが、単純に融雪のインフラが整ってきたからではないかと思っています そんな疑問を解決するべく、 富山県の積雪量が年々どのようになっているかを調べてみました! よく富山県民の中で「今年は雪が少ないけど、昔はもっとすごかった」っていう人がいるけど、実際に積雪量って年々減ってるんですかね
70