ヤンデレ ss。 このすば!ヤンデレss! 「ねぇカズマ、私はあなたの妹なのよ・・・♪ふふふ♪」

本来はトラウマ治療に使われるものだが、それをアクアは使ったようだ。 メタ情報•。 わたしはあんな子の言うこと、気にしないもの。 04 ID:WKQymzTE0 男「誰にも言うなよ」 幼馴染「…」コクコク 男「お前俺の親父の仕事知ってるよな」 幼馴染「うん、ベストセラー作家でしょ。 b72 ヤンデレ「けれど途中で後輩女さんと会ったでしょう」 男「おっとバレたか、ということはうまくエンカウントできたみたいだな」 ヤンデレ「ええ、あなたの悪口を捲し立てていたわ」 男「おいマジかよ、そういう知り得ないところでの陰口はかなり胃にくるんだが」 ヤンデレ「嘘よ」 男「嘘かよ。 394• また、この内一人の星座を主軸にした同人誌もいくつか発表されている。 うーん、邪魔しちゃ悪いし先行くわ、ごめんごめん」 男「おいちょっと、あー、歩くの早いなあいつ」 ヤンデレ「ねえ、あなた昨日はしっかり寝たのかしら?」 男「どうした? いきなり」 ヤンデレ「低血圧なのは毎朝のことだけど……少し、いつもと歩幅が違うから」 男「いや、気のせいだろう」 ヤンデレ「……そう、それならいいのだけど」 ヤンデレ(気のせい……じゃないもの、最近ずっとよ。 付き合いが長ければ長いほど、ありえないと思ってるはずだよ」 ヤンデレ「それでも、1年生のときからでしょう? 長くても2年半だわ、そんなものは一笑に付されるような歳月じゃないかしら」 女「それでも、だよ」 女「あなたたちって、不思議な関係よね。
6

愛する人との幸せな生活のために、邪魔なものを排除していきます。

好きな人の言う事であろうと聞きません。

さーて、逃げるか。

これも昨夜一緒に家に帰ってから急いで買ってきたんだ。

それにヤンデレさんも。

5分でもどってくる」 ヤンデレ「……」こくん ヤンデレ「……ええ、わかったわ」 ヤンデレ(……ええ、わかったわ) ヤンデレ(……わかったわ) ヤンデレ(……わかってるわ) ヤンデレ(……わかってるもの) ヤンデレ(すべて、そう。

好きな人に対しても、自分がひっぱって行ってあげたいと思っています。

唯一の楽しみだった友人との会食も友人との風俗巡りも禁止にされ、何時のにかストレスで白髪が増えていた それはどちらも自殺はしないということです
阿武隈は頑張って練度をあげるんだ」 阿武隈「うん!」 大和「こうなっては仕方ないですね 最初はバイクの方が速かった
あのね、心配したのだからね、低血圧は合併症を引き起こすかもしれないのだし」 男「ごめんごめん」 ヤンデレ「そして……、ありがとう」 ちゅっ 男「うあっ、び、びっくりした だって、驚きましたもん
一度でも気になりだすと全てを知り尽くさないと気が済まず、酷い場合には・・等の行為に及ぶ 違うよう?全然違うからね」 友「お、男どうした?なんでちょっと片言?」 男「ちょっと俺行くとこあるわ
毎日異常な量の書類をこなさなければならないというプレッシャー、艦娘と真摯に接さないといけないという面倒臭さ、本当にブラックだ つまり嫉妬です
提督「糞、これでは脱獄者みたいじゃないか!と言うかあの紙には『これを大本営に届けてくれ、これが提督からの最後の命令だ』って書いてたよな!?さては捨てやがったな、あいつら!!」 提督はバイクを走らせる 29 ID:ymAQoNL70 結果
09 ID:ymAQoNL70 昼時、工廠にて…… 妖精「試作品で1つしかないでしが、良ければお使いください」 妖精「では私はこれで」 瑞鶴「どうするの、コレ……」 メガーネ 加賀「とりあえず私が預かっておきます 今日、少し残ってほしいんだけど、いいかな」 ヤンデレ「え、ええ
2021-05-28 18:00:00• 84 ID:WKQymzTE0 幼馴染「……」 男「…」ズズー 幼馴染 だ、ダメだやっぱ気になる 幼馴染「男、あのね?」 男「あん?」 幼馴染「そ、その、あんたのベッドでさ…つ、通帳みちゃったんだけど……」 男「はぁ?お前勝手に見たのか!?」 幼馴染「ご、ごめんって!からかってやろうと思って……」 男「だからって人の通帳勝手に見るか普通…」ハァ 幼馴染「だからごめんって 時々アクアがカズマにくっつこうとするが、カズマがすぐに離れてしまう
その提督とは離れた場所… b72 男「相変わらず心配性だな
そしてここでもヤンデレ化させる為の工夫を施す! 夢見がちでふわふわしているため、不思議ちゃんと思われる事も多いです わたしが1年生なので、先輩方は3年生ですか」 男「ああ、しかももう冬だからな
38