マトリックス レボリューションズ 解説。 たった3文字で分かる!映画マトリックスの結末を超シンプルに解説しちゃうぞ!リローデッドとレボリューションズが謎だった奴ら全員集合!!

任務失敗かに思われたが、メロビンジアンの妻でありエグザイルであるパーセフォニーが待っていた a bench Oracle: Well, ain't this a surprise. しかし、ある異変が起こった・・・! 映画の第1作目のラストでの、スミスがネオに破壊されるシーン
けれど 機械側は最後まで、 人間と仲良くする道をあきらめていなかった! それが、オラクルを代表とした 「人間と共生しようぜ派」のプログラム達だ 「この平和はいつまで続く?」 「それは、続く限りよ」 その答えを聞くと、設計者は去って行こうとする
にもかかわらず、太陽光を再生させるシナリオを描き、それを実行した! 自己犠牲精神がハンパやない!!! でも、それこそが 彼女のプログラムとしての使命だったのだろうね すなわち、言い換えれば彼らは コンピュータウィルスのようなものです
『真実』が何を意味するのか分からぬまま、ネオは赤のカプセルを飲み込んだ そもそも、Zionに残った人たちには、今回の戦争で一体何が起こったのかはまったく分かっていない
奴隷解放の救世主・ネオ誕生 ネバネバの培養液に満たされたカプセルの中で目を覚ましたネオ 子供のマシンは自分を認めようとしない親のことがガマンできず、意地でも自分のやり方に合わさせようとしていた
まずは世間での評価から さらにスミスは電話回線を経てベインの身体を乗っ取り、現実世界にまで進出を果たす
そしていま、アーキテクトはネオに2つの選択肢を与える 永劫回帰
これが、今回の結末を引き継ぐらしいのですが また、マトリックスの建物外では青色を排除して冷酷さを表現しています
それはある種の「シミュレーション」に近い 日本を旅してまわり
そのエネルギーを機械は使っているという仕組み ---------------------------------------------- Matrix: a lake. ベインはトリニティに襲いかかると、そこへ助けに来たネオにも襲い掛かる
3
ラストがねぇ、、と思いながら、3部を通して観直してしまいたくなります! だいたい3部作って、どこかのパートがどうしようもなく暗くなりがちですが、もともとマトリックスは暗い雰囲気なので、どれもそんなに違いが無いようにも見えますが、やっぱりいちばん暗いのはこの作品ではないかと思います。 「前任者達はもっと敬意を払った」なんて言ってましたから、メロビンジアンにしてみれば「世話してやった」ぐらいで、その礼をしてしかるべき…、みたいな。 マトリックス レボリューションズ 2003年公開 次は公開20周年の4D上映についてです。 そして、人間だってプログラムの一種ということができる。 しかし本来であれば目的を持たずに生まれてきたプログラムでした。 世界のパワーバランスが崩れることを理由に、 国連は 経済制裁を発動。 メインフレームとマトリクスはつながっているので、ネオを取り込んだことでプログラムにも愛が芽生えた。 そのために必要だったのが、 ネオとスミスの「融合」だったんだ。 お二人の意見が聞きたい ザイオン人は、全ての状況を理解していないですね。