さめ ガーイ。 クソゲー界の超新星「ファイナルソード」を徹底紹介! チープすぎる3D、強すぎる雑魚敵、高すぎる薬草…リリース直後から話題のクソゲーを実況プレイしてみた

開幕、このゲームを開発したエイチユーピーゲームズのロゴとともにサウンドエフェクト(効果音)が流れるが、かなり音声が大きいため、さめガーイさんは「うるさっ!」との声をあげ、「 この音量バランスはやばいな」との感想を述べている。

の時のは9人(本人談)だったが、23日の放送でのは人を突破した。

一躍有名になった「」だが、実はのをあまり良く知らないとのこと(見てないわけではないが特化して見ているわけでもないらしい) 「」は、さめガーイがゲームをプレイしながらそのお粗末を見て思わず発してしまったものである
後日、関わった全員が学校から呼び出された ターゲットはタケシだ
僕らの地域はそこそこの田舎で、遊び場は限られていた また、教会では全回復できるが、ゲーム内で説明されることはない
しかし、何分待ってもタケシは来ない その後は2日おきでのを続ける
ただ本人的には「現状は のを優先していきたい」としている 正直、前回やられた側として非常に面白かったため、もうノリノリだった
リーダーが次弾を装填した だが、何回か続く度にこの遊びに攻略法が見出だされた
タケシも僕同様、アナウンスのことは知らなかった なんともしょうもない遊びだ
彙が高くにおいても様々な例えを素く出せる 翌23日に、EDの全開を行うためにてと再戦
関連項目 関連記事 親記事. とりあえず叔父が迷子じゃなくて安心した またそのもやだけでなく・・など多岐にわたる
概要 ゲーム実況投稿者「さめガーイ」が放った、に対するあまりにも的確すぎるツッコミ 学校の催しで張り切りすぎて病院送りにした者や 高橋の拳 、鬼ごっこで自転車を使い隣町まで逃げた者がいた程度である
29