👌中国 コロナ 責任 とれ。 武漢を蔑む日本人は「中国人の本質」を知らない

ブリンケン長官はまた「我々はこうした事態が再発するのを防ぐためにも、何があったのか十分に把握しておかなければならない」とし、「最後まで(原因を)究明することが重要だ」と述べた で、その記憶をもとにこの本を読むと、まず感じるのは、起きていることは一緒だった、ということです
しかし、調べてみると、別にまとめている不顕性(無症状)の感染者は新たに28人いる 2019年10月末に武漢市で行われた世界軍人オリンピックに米軍人が来て、ウイルスが持ち込まれたと中国は主張しています
これは日本の国家予算(一般会計)の50倍以上で、中国のGDP(約1,400兆円)の4倍近くということになります 中国人だけならば34%と平均よりもやや高い
ロシアは新型コロナによって最大級の被害を受けており、国内世論もSNSで「武漢ウイルス」「中国の仕業」などと中国を批判する声が根強い 武漢にはウイルス研究所が2つあり、そこからウイルスが流出した可能性も噂されています
出入りする報道関係者にもPCRと体温の検査が課せられた 中国政府は、新型コロナウイルスは国外から持ち込まれた可能性が高いとして、最初は「米軍が故意に持ち込んだ」、次には「輸入食品の包装が汚染されていた」などとして、「イタリア起源説」、「スペイン起源説」などを盛んに流布して、パンデミックを引き起こした責任を回避しようと躍起になっているが、そんなことを本気で信じる人はおそらく誰もいないだろう
そのことを責められるのはまだしも、投げつけられたのは予想外の言葉 賠償請求国及び総額は仏メディアRFIの報道 (出所)各国政府、仏RFIのデータを基に編集部作成 一方、新型コロナの発生源となった中国は、AI(人工知能)など最新技術を活用していち早くコロナの感染封じ込めに成功した、と世界に向けて喧伝 けんでん
音声コンテンツ「朝日新聞ポッドキャスト」でお聞きください いわゆる「中国責任」「中国賠償」の論調は、事実と法的原則を無視した、関連国の一部の人々による責任転嫁だとの考えを示した
18年から続く米中の貿易戦争では、互いに追加関税を課し合う消耗戦が続いた ジョー・バイデン政権は、新型コロナを「中国ウイルス」と呼んだり、WHOが中国寄りだとして同機関から脱退を宣言したドナルド・トランプ前大統領ほどではないが、新型コロナに関して中国の責任を強調し続けている
閻氏は香港大学公衆衛生学院でウイルスに関する研究を行なっていた際、新型コロナのヒトからヒトへの感染を中国当局の発表よりも前に把握したものの、公表は許されなかったと主張 この全人代で話題を呼んだのが、翌23日に出された国家衛生健康委員会の発表だ
香港警察は不法な集会で、集会を禁じた感染予防対策にも違反すると判断し、催涙弾や放水車を使って取り締まり、180人以上の市民が身柄を拘束された。 会期は通常の半分の1週間に短縮された。 アメリカでは4月21日にミズーリ州のシュミット州司法長官が数十億ドルにおよぶ損害賠償の提訴を発表、テキサス州では20兆ドル、フロリダ州では6兆ドル、カルフォルニア州では8兆ドルなどの集団訴訟が提起しています。 大丈夫だ」と発言 1月23日、WHOのテドロス事務局長が「これは中国の緊急事態であって、まだ世界の緊急事態にはなっていない」と緊急事態宣言を見送り 1月24日、トランプ大統領も中国の取り組みについて「努力と透明性に大いに感謝する」と称賛 1月30日、WHOが緊急事態宣言。 。 さらに「それに失敗した結果、ウイルスは急速に統制を潜り抜け、そうでなかった時よりはるかに深刻な結果を招いたと思う」と述べた。 情報収集は中国のSNSを使うことが多い。
44 9