スノボ カービング。 ゲレンデを気持ちよく滑ろう!ターンが楽しくなるポイントを紹介。カービングターン[SNOWBOARD編]

ターン技術を、できるだけシンプルに考えよう! 皆さんの技術レベルが分からないことと、カービングができない理由がどこにあるのかがみえないので、ここでは練習例を挙げるのではなく、基本的な重心位置と板の動きの関係、およびバランスの再確認をするコンセプトで解説していきます。

リンク• よろしければ参考にしてみてください。

そのため高速カービングでエッジが入りやすくなります。

そのためカービングにはスピードが出る滑りがつきものです。

後脚を振り出して滑る方の特徴として、ターンが縦長になるという特徴があります。

カービングターンでは、板の捻れ トーション やエッジの使いかたを覚えることができるため、安定した滑りを行うことができます。

ポイント2:低い姿勢でやってみよう エッジを立てるためには、それだけ体を傾けなければなりません。

今回のように板の角付け量を増やすカービングターンをしますと、今までのターンよりも板が急激に曲がってきます このとき、前足と後ろ足のどちらに負荷を感じるか、ということです
まずはこれを緩斜面で実践されてみてはいかがでしょうか この前傾ポジションの作り方からお伝えします
よく勘違いされますが、カービングターンはカーブする(Curve=曲線)という意味ではありません 特に、高身長の方や座高が高い方は要注意です
何度も洗えるから臭わない 毎日洗濯できるから、においを気にせず使い続けられます カービングではターンの切り替えが難しくなってきます
ゲレンデでスノボ(スノーボード)のカービングに挑戦するときの心構え• 独学でJSBA1級を取得し、その後も毎シーズン基礎滑りを黙々と練習 念のため説明しておくと、フレックスとはオーリー時のボードのたわみであり、トーションは見た目では理解しづらいがボードを雑巾のように絞ったと仮定したときに発生するねじれのことだ
スノーボードのカービングターンにおいて、 「基本姿勢」はとても重要なことだと知っていますか? 基本姿勢を深く考えなくてもカービングターンをすることはできますし、究極のフリーカービングにおいては「構え合って構えなし」という基本姿勢になるのかもしれません もしくはフラット」についてですが、これは初心者のターンで言われることです
理由は、高い位置にある後ろ足を低い位置に持っていく動き だからです その「くびれ」度合いは板によって様々です
広いターンをまずはしてみよう カービングターンを練習する際には、最初は広いターンから始めましょう 「3D」というのは、 横から見た図と、上から見た図の複合です
足に悩みのある方や疲労の蓄積を抑えたい方にオススメです!. 単純に滑走スピードが早いだけで、縦に落とされる滑り(ターン弧がやたら大きい滑り)ではカービングターンとは言えないです ローテーションしていく体の部位は、 「前足首」「前ひざ」「腰」「肩」「頭」です
「結果的に」一本のラインで滑っているように見えますが、一本のラインには「幅」があるということです アングルを前向きにすることで板の幅にバインディングを収めます
その「幅」によってスピードをコントロールしているんですね 素早いエッジ切り替えのカギは、抜重の方向です
カービングでは、とっさに方向転換したりブレーキをかけるのが難しいため、早めに危険を感じ取り、防がなければいけません エッジを雪面に食い込ませるためには、ボードを雪面に対して立てる(これを「エッジを立てる」などといいます)必要があります
しかし、より素早い切り替えのためには、 斜面の下へ向かって立ち上がるイメージが必要になります それが 「ローテーション」です
ターンが深くなればなるほど、この傾きの差が大きくなることから、「深いターンのほうが難しい」となるのです それは 「一定」のスピードで滑り降りれることを練習してみてください
機会があれば下り坂になっているところで実際に立って試してほしいのですが、肩幅に脚を広げた状態で斜面に垂直な状態で立ります 準備するもの• ワックスアップしてボードの滑走性がよくなると、ターンもしやすくなってきます
1