キャベツ 黒い。 キャベツの黒い斑点・黒ずみはカビ?黒くなる原因と対処法!食べて良い?

ポリフェノールは非常に酸化しやすい成分となっています。

いかにもみずみずしい感じの、キュッと引き締まって巻かれているキャベツを選んで購入しましょう。

外観上は内部に黒い斑点が出ているのかどうかはわからないため、消費者にも内部黒変症状のキャベツが届いてしまうことがあります。

その後袋に入れて保存でも問題ないでしょう。

黒く溶けているもの、 ぬめりがあるものは腐っている• 腐った食べ物特有の 酸っぱい臭いは絶対にダメ 新鮮なキャベツの選び方• においがしても食べれるキャベツ においがするキャベツでもカビが生えているわけではない、食べれるキャベツもあります。

毒ではありませんが見栄えが悪いので、そこだけ少し切り取れば大丈夫、気にしないなら食べても問題ないですよ。

虫の場合は水で流すと取れるので、 流水でしっかりと洗いましょう。

16

また野菜なので冷蔵庫の野菜室に入れて保存することが最適と思うかもしれませんが、キャベツを保存するときは湿度も重要になります。

キャベツを長持ちさせるには、冷蔵庫保存が1番です。

酸っぱいにおい以外の異臭は、キャベツの成分が酸化して発生した 「ジメチルスルフィド」という物質によるものです。

カビ・腐敗以外の理由で黒くなっているキャベツは食べれる• この現象は、白菜にもよくみられます。

ポリフェノールが酸化することで、キャベツが黒っぽく変色します。

ただ、カビているわけではないので、食べれるキャベツです。

急激な温度の変化に対応しきれていないということになります。

黒くなる原因はキャベツに含まれているポリフェノールが空気に触れて酸化し変色するんです。

11