生き た メキシコ トラウマ。 親からの虐待の傷が癒えない40代女性。世間の方が優しかった

JUST倶楽部 with 斎藤 学 5 6月7日 月曜日 「 JUST倶楽部 with 斎藤 学 」第5回 JUSTの会員だけが参加できます。

「甘えるな」「社会性を獲得せよ」と強いられるのです。

医師や周囲の人と対策を練り行動することで、生きづらさがだいぶ減りました。

<生きづらさ>を抱えている人は、とても真面目で、周囲からのまなざしを自分のものとして、自分自身を強く責める傾向があります。

・相談することで被るセカンドハラスメント さらに、セカンドハラスメントといいますが、相談する相手を間違えると、相談相手(第三者)から「世の中ってそんなものだよ」「みんなつらいのを我慢しているんだよ」と返答され、問題を問題としようとすること自体がおかしいとされてますます追い込まれてしまいます。

3s;opacity:0;background:rgba 0,0,0,. 背景に気づいて指摘しても、「言い訳」として指弾される、というようになります。

自分というものがなく、とても辛く、とても苦しい毎日が繰り返されると、どんなことが起こっても、それ自体にいちいち感情を出すのが馬鹿らしくなり、体の感覚の麻痺が進んで、実存の中心は空虚になります。

しかし、本来は高校を卒業し、専門職として技能を身に付ける層まで大学に進学するようになり、卒業したはいいけども就職先は専門知識を活かせるような職場ではない、といった状況になりました。 とにかく自分を責めないで、できれば早く離れて欲しいなと思います。 家を出てわかったことは、世間は優しいということでした。 当時は苦しみの 原因がわからず、悶々とした日々を送っていました。 ・「関係性の個人化」とは 心理学においても、自由意志などは信念に過ぎず、人間は環境によって規定される「外来要素の沈殿物」とされています。
80