渓 斎 英 泉 地 色 早 指南。 国立国会図書館デジタルコレクション

伊豆権現(千手)。

2-C• Eは「」の登場人物が担当しているが-Eはたちが担当している。

釈尊大に歓喜し給ひて、以前老翁が云つる事を語り給ふに、医王善逝称歎して宣はく、「善哉釈迦尊、此の地に仏法を弘通し給はん事。

摩多羅神また金比羅神にして、十二神の中の一神という。

天竺南海に一切衆生之経文。

三宮御一躰。 12 画像-9 :『木曾街道 硯ノ清水』 画像-10 :『岐阻路驛 橋 遠景』 画像-11 :『木曾街道 峠遠望之図』 画像-12 :『木曾路ノ驛 』• 稲垣進一編『図説浮世絵入門』 河出書房新社〈ふくろうの本〉、1990年• 友松子は生前に不動明王の石像を作らせ、「等身石像、爾生前是誰、吾死後是爾、截断死和生、爾吾空也耳、北山友松子並題」の文字を刻んでおいた。 なお、北斎に先駆けて日本で初めてベロ藍 を用いた(あいずり-え)を描いたのは、英泉である [ ]。 過去拘留孫仏の在世。 其の光の中に釈迦・薬師・弥陀の三尊光を並べて坐し給ふ。 和装本「天・地・人」三分冊,天と地がそれぞれ30曲,人巻に8曲,68曲を収める。