馬 と 鹿 歌詞 意味。 【馬と鹿】米津玄師の新たな神曲&真骨頂!歌詞の意味を真剣考察

本作はラグビーを題材とするドラマと、この大会の関連から、ラグビーの試合のライブビューイングを実施すると連携した企画を展開した。

ビジュアル・アートワーク [ ] ジャケットワーク [ ] 本作のジャケットワークは米津が自ら手がけている。

ドラマ第1話のラストでは、闘争心にみなぎった君島や、ラグビー部の選手たち。 「噛み終えたガムの味」という表現は主人 公の左遷後の日々が味気ないものになって しまったことを描写しているに違いありま せん。 スポンサーリンク 歌詞の内容について 米津玄師の歌詞は、孤独や生きていくことの難しさを表現しているものが多いように感じます。 会社に尽くし、自分の仕事に誇りを持って戦ってきたのに、左遷され出世の道を絶たれた状態。 つまり、米津玄師さんがあえて「馬と鹿」と曲名にしているということは馬鹿という意味で曲名にしたのではなく、 「高貴」や「大切にされるもの」という意味を込めるために「馬と鹿」という曲名をつけたのでしょう。 「馬と鹿」という曲です。
83

この逆境という言葉。

出世は平和などなく誰かを蹴落としてのし上がる面が強いでしょう。

「ノーサイド・ゲーム」~あらすじ~ 主演である 大泉洋が演じる 君嶋隼人は、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の 中堅サラリーマン。

その先に待ち受けていたのは、 ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーへの任命でした。

続いて 「鹿」について考えてみましょう。

君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することに。

何にたとえよう 君と僕を 踵に残る似た傷を 晴れ間を癒えば まだ続く 行こう花の咲かないうちに Wow…. みよこの勇気あるものを。

キャストや主題歌クレジットが出る前に「馬と鹿」が流れ始めました。

92