確定 申告 特集。 【確定申告特集5】仮想通貨の税金・確定申告に関するよくある疑問まとめ|Aerial Partners寄稿

マイナンバーカードは、全員に配られた番号通知カードとは違うので、持っていない人は役所で発行する必要があります。 例えば、 ・複数の会社の役員を兼務している ・複数の会社の仕事を掛け持ちしている といった働き方の場合などに該当する可能性があります。 し、税務署に持参あるいは郵送して提出• 仮想通貨取引での所得には税金がかかり、確定申告が必要になる 仮想通貨取引による所得には、原則として雑所得に区分され、税金がかかります。 マイナンバーカードを持っていない人は、番号確認書類(通知カード、住民票の写しなどのうちいずれか一つ)と身元確認書類(運転免許証、公的医療保険の被保険者証、パスポートなどのうちいずれか一つ)のコピーを確定申告書類の添付書類台紙に貼る。 チャットボットとは、テキスト入力などによりAI(人工知能)を活用して自動的に回答する会話プログラムです。 年金を受け取っている人 ただし、公的年金等の遺族年金や障害年金は非課税なので申告不要です。
58
それぞれの利用方法を説明します。 しかし場合によっては、会社員でも確定申告が必要であったり、確定申告をしないと損をしてしまうこともあるのです。 確定申告の手続きは原則、翌年の2月16日~3月15日に行います。 チャットボットなら曜日や時間に関係なく不明点を確認することができます。 以前に確定申告した経験がある人も、最新の確定申告事情をチェックして、効率的に申告を行いましょう。 (1) 副収入のある会社員もスマホで申告が可能に 副収入による所得が20万円以上の場合、会社員でも確定申告が必要です。
8