天気 予報 3 月。 2週間天気(旧:10日間天気)

あす 明日 天気予報では「明日の0時から24時まで」。
b さくねん(昨年)を用いることもある また、午前6時20分前のような用い方はせず、午前5時40分とする
用例 風が次第に強くなる 秋 9月から11月までの期間
備考 日常的に使われることが少なくなっている用語なので用いない d 「ここしばらく」も同義
天気は変わりやすし 昼頃 正午の前後それぞれ1時間を合わせた2時間くらい
東北太平洋側では、天気は数日の周期で変わるでしょう 備考 暖・寒候期予報には用いない
期間の終点を24時とした方がわかりやすい場合は、用例のように24時とも表現する 東日本と西日本日本海側では、天気は数日の周期で変わりますが、平年に比べ晴れの日が多いでしょう
5
備考 ある現象の持続することが、情報価値のある場合は「続く」を用いる 備考 「昨夜」と同じ理由で不明確なので、具体的な日時を用いる
備考 できるだけ具体的な期間を用いる 4月北・東日本日本海側と沖縄・奄美では、天気は数日の周期で変わるでしょう
備考 日界をはさむ期間であり、誤解を招くおそれがあるので具体的な日時を用いる 平年より高い 多い 気温 北日本• 朝 午前6時頃から午前9時頃まで
降雪量は、北日本日本海側で平年並または少ない確率ともに40%です 8月 平年と同様に晴れの日が多いでしょう
きょう一杯 予報発表時から24時まで 東・西日本日本海側では、平年と同様に曇りや雪または雨の日が多いでしょう
沖縄・奄美では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう 3か月予報 北海道 2021年6月25日発表 <向こう3か月> 予報期間 7月1日から3ヶ月 2021年6月25日発表 <予想される向こう3か月の天候> 向こう3か月の出現の可能性が最も大きい天候と、特徴のある気温、降水量等の確率は以下のとおりです
予報で「明日(今日)日中の最高気温」と用いるときは9時から18時 秋 9月から11月までの期間
1

気象庁ホームページに掲載している全般週間天気予報の例 地方週間天気予報 向こう一週間の各地方ごとの概要をまとめたもので、毎日11時ごろと17時ごろに発表します。

「まず、1875年6月1日に地震計とともに気象台が設置され、観測が始まりました。

次項の複合語(昼頃、昼前、昼過ぎ)として用いる。

沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多いでしょう。

こんや 今夜 17時発表の天気予報では「発表時刻から24時まで」。

備考 寒候期予報では、10月から2月までを予報期間としている。

備考 時刻の1時とまぎらわしいので、「 ・・・ 午後一時雨」とはせずに「・・・・ 午後には一時雨」とする。

33