入国 拒否。 海外安全ホームページ: 広域情報

インドネシアからの入国者は、検疫所長の指定する場所での6日間の待機が求められ、入国後3日目及び6日目に改めて検査を行い、陰性の場合は検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日目までの間自宅等待機が義務付けられます。

連絡の取れない番号、海外の番号を記入された場合は不備があるとみなされ査証申請時や空港検疫で受理されない可能性がありますのでご留意ください。

3月19日からは、全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられています。

(3月28日から) インドを「新型コロナウイルス変異株流行国・地域」に追加。

しかし、12月28日より原則として新規入国を禁止し、2021年1月14日からは再び、過去14日以内にインドネシアに滞在歴のある外国人には,「特段の事情」がない限り上陸を拒否という措置がとられています。

53
1週間カナダに滞在後、再入国しようとしたところ、滞在期間が長すぎるからダメだと入国拒否された。 ただし、入境前21日間にこれら以外の外国・地域に2時間以上滞在歴のある場合は21日間(シンガポール、オーストラリア及びニュージーランドからの入境であれば14日間)の強制検疫を受ける(2021年4月29日から) 5月17日に香港政府が日本を「高リスク国」に指定。 また、在留資格保持者の再入国は、特段の事情がない限り拒否されるということです。 日本の国益又は安全を害する恐れがあると認めるに足りる相当の理由がある人 最後は、日本にとって好ましくない行動をとる可能性がある外国人の入国を拒否する為に設けられた事項です。 入国制限及び条件・行動制限措置に記載されていない場合であっても、 日本人が日本以外の国から別の国に渡航する場合(トランジットを含む。
25
また、3月22日からは航空便のインドへの着陸を停止し、就労ビザ保有者以外の入国を禁止しました。 2021年1月14日以降、過去14日以内にイギリスに滞在歴のある外国人には、「特段の事情」がない限り上陸を拒否という措置がとられています。 3月19日からは、全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられています。 日本から韓国への措置については、2020年4月3日以降、過去14日以内に韓国に滞在歴のある外国人は入国不可とされていましたが、10月8日からは、ビジネストラック、レジデンストラックの運用が開始されていました。 航空券を予約するのだって、新幹線の切符を買うのと大した違いはない。 なお、香港居住民であれば、入境前21日間にこれら以外の国・地域に2時間以上滞在歴のある場合は21日間の強制検疫を受けることを条件に、日本からの入国は可能となっています。 (注)「誓約書」及び「本邦活動計画書」の写しとは、紙媒体のものを指し、原本をPDF化し、印刷したものを含みます。
16