白川 和子。 実録白川和子 裸の履歴書|MOVIE WALKER PRESS

大学在学中に劇団「赤と黒」に入団。

(1989年) - 白旗の婆さん 役• 「」(2010年5月、NHK総合テレビ)• ロマンポルノの始動に携わった 2週に1本、予算は4分の1 ロマンポルノのプロデューサーに抜擢されたのは伊地智を含め、当時、助監督だった5人。

と、コメントしたのです。

carousel-content:nth-child 3 ,. 最後に司会の方に『白川和子さん何か一言』って言われて『日活ロマンポルノを見て平和な社会を築こうよ』って言ったんですよ。

(1972年6月28日公開、日活、68分) - 宗方響子 役• 1;border:1px solid ccc;box-shadow:0 3px 3px -3px rgba 0,0,0,. そこですごく私は勉強したという気がします。

そのとき父に『深みのある人間になれ』って言われたんですね。

87
お盆興業で2回目に会ったときは、私も映画や女優への熱い思いがトラブルになったりすることもあって…」 -それはどういうことですか- 「なかにはやる気がなくてイヤイヤ仕事をしている女優さんもいたんですよ。 carousel-content:nth-child 8 ,. 2s;-webkit-transition:transform. 入団3カ月目には大きな役も回ってくるようになる。 (1971年12月1日公開、日活、74分) - 矢島火奈子 役• それにいろんな事情で辞めていった人はいるけれども、残っている人たちは『映画の灯を消したくない』と思って頑張っている人たちなんですよ。 そのヌード写真がきっかけでピンク映画から出演オファーが。 (1981年) - 戸村せい 役 1970年代 [ ]• 私に電話をかけてきた時は「新聞に出て君にも迷惑をかけたな」と言っていました。 「激怒した父は『申し訳が立たないから防衛庁を辞める』と言うし、母は『娘がロマンポルノの女優じゃ世間を歩けない』と言っていました。
10

女優 白川和子。

1973年に結婚していったん引退するまでロマンポルノ約20作品に出演。

しかし、三島さんに「肉体の美も精神の美も同じものですよ」と励まされて撮影を決断する。

衣装を着ていれば、その着ているもので役柄のキャラクターがわかるけど、脱いでしまうと自分のからだひとつでこの女性をどうやって表現しようかって、ものすごく神経を使いました。

でも私より大先輩たちじゃないですか。

私が日活ロマンポルノをやっていたから妹は結婚が破談になったりして大変だったんですよね。

だから当時はよく『着ていても女優、脱いでいても女優』なんて生意気なことを言っていましたよ(笑)」 -最初にピンク映画に出演されたときはまだ男性経験もなかったそうですが、よく決断されましたね- 「当時の私は女優としても演技についても貪欲でしたし、映画も体験したいと思っていましたからね。

私はと言えば高校のときにちょっと演劇部で3年間かじったくらいで、基礎ができていないから、共演させていただいた先輩からはたくさんのことを勉強させていただきました。

87