臨死 体験。 臨死体験は「死後の世界」の証拠ではない? 実は脳の働きによる“幻覚”の可能性:研究結果

「」も参照 臨死体験中には死んだ親族などの姿が現れる。 ここで重要なのは、魂が親近感ある形に変形するということ。 すぐ後ろに、まっ黒で顔の形もなにもわからない人のようなものが、まっ赤に燃えたヤリのようなものを持って立っていて、麻樹さんに歩くよう突くのだった。 【の確信】や【の存在についての肯定的な信頼】が育つ• エンドルフィン説 [ ] 臨死体験は、鎮痛作用と快感作用をもつ脳内麻薬物質であるの分泌により起こる、という解釈がある。 臨死体験のパターンと経験者の変化 [ ] 臨死体験のパターン [ ] 臨死体験には個人差がある。
15

こうした「お迎え」体験は、いくつかの点で通常のとは異なるものであった。

Kenneth Ring『Lessons from the Light』• 実は、臨死体験にはその深さによって、第一次体験と第二次体験に分けられるという人がいます。

担当の看護師が、私の手術は、心臓の大動脈を人工血管に入れ替え、複数の動脈にバイパスを通すという大掛かりなもので、9時間もかかったと教えてくれました。

また、で宗教学の講義を務めるは、の文献は臨死体験の記述であふれていると指摘している。

そして人の意識は必ずしも、生きて動いている脳に縛り付けられているものではない、ということだ。

こうした説明は実質的に死後の世界説でもある。

神経科医のは「脳のなかの幽霊」で、がに関係しているという証拠は「使いようによっては神の存在に対する反証ではなく、神の存在を支持する証拠にもなる」とも語っている。

同様の事例は、 ()による退行催眠でも見られる。

」 ~引用終了~ これは、絶対意識に達した、アニータさん ならではの特別な境地で、他の臨死体験者の ほとんどが、神にあってきたとか、絶対的 な存在を感じたなどと、証言してます。

だからと言って、この世で良い行いをしたところで、必ずしも天国への切符を頂けるとも限らないそうです。

29

しかし臨死体験者が報告する「明晰な意識」や「論理的思考」「時系列に沿った記憶」「鮮明な視覚」などの精神活動自体、脳の多くの領域が関与している筈である。

臨死体験後には「側頭葉が膨れ上がった」感じがあり、脳に構造的な変化が起きた実感があったと語る体験者もいる。

ある神経学者は、脳波がフラットの最中に、脳が臨死体験を生み出す可能性は「極めて低い」と端的に述べているが 、一方で「脳波はあくまで大脳皮質の表面的な活動の現れであるから、脳波がフラットであってもわずかな脳活動が残る可能性は排除できない」という指摘もある。

つまり、三途の川を渡りかけて戻ってくるというのは、本当にそういうことがあるわけではなく、ただ単に脳が作り出している夢の一種のようなものなのではないかということが、この研究から示唆されているわけです。

さらに、その場所にいたときは多くの人の悲しみが伝わってきたとも述べています。

「お前さん、ほら、とっとと帰りなさいよ。

宗教によっても異なると思いますが、亡くなった人が三途の川を歩くのに草履をはかせてあげると言いますが、実際に三途の川があるというのは、臨死体験者からも聞いて、驚きますよね。

30