約束 の ネバーランド 176。 【あらすじ】『約束のネバーランド』176話(20巻)【感想】

つまりイザベラもユウゴと同様に、自分たちが辿ったかもしれない運命に翻弄されていたのだとエマは同情していた。 つまり、新しいママは農園出身ではなくラートリー家の人間なのではないでしょうか。 (「置いてけない」) これ以上家族が死ぬのは嫌だと泣くエマ。 レウウィスは続けて再度言い直します。 動揺する民衆に、レウウィスは冷静に語りかけました。 そんなイザベラを許してくれた子供たちですが、イザベラの中ではやはりやりきれない気持ちがあったのでしょう。 実はエマはこれまで生きてきた日々の記憶やノーマンやレイ達との繋がり全てを「ご褒美」として「あの方」に支払ったのであった。 これまでの調査でなんとか掴んだ「七つの壁」の試練を乗り越え、ついに1000年前に約束を実行した神とも呼べる存在の前にたどり着きます。 猟場の子どもたちという頼もしい仲間を連れ、エマたちはシェルターに帰還を果たすのでした。

農園廃止。

最後まで生き残っていたのはスミーですが、ノーマン曰く、スミーが死ぬ前に情報やネットワークを受け継いだとのこと。

しかしイザベラにとっては、一定の満足が出来る結末だったのかもしれない。

おわりに いかがだったでしょうか。

自分だけでなく小さい子供たちもみんなを救うと決めていました。

レイはその状況を見て咄嗟に銃を鬼に向け、発砲しました。

農園の廃止を告げるママ GFにいたシェリーがエマやノーマンに気づいて喜ぶ。

74

ノーマンとレイは孤独に頑張っていたフィルの辛さをねぎらう。

そもそも、人間世界へ行ったところで安全が保障されるわけではありません。

くじけそうになったが、仲間のおかげでここまで来れたとエマ。

ようやくエマの理想が叶った。

実験施設にいたというミネルヴァの協力者に授かったネットワークや知識を駆使し脱獄、そして仲間を集めるためにミネルヴァを名乗ったと明かします。

するとギルダやナット、ドン、ノーマンもやってきました。

約束は何なのかな。

スポンサーリンク (あなた達ならきっと大丈夫よ 人間の世界がどんなところでも) 「レ…イ…」 最後の力を振り絞るようにイザベラに呼ばれたレイ。

鬼の世界を取り仕切る女王・レグラヴァリマと5摂家が一堂に会する王都を襲撃。

なので、もしもこれを機に ・色々な アニメを観たい ・ジャンプ他漫画作品やあの気になる作品を試しに1冊丸々読みたい という場合は、U-NEXTをチェックしてみることをおすすめします。

20