ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 37。 【ネタバレあり】ある日、お姫様になってしまった件についてのレビューと感想

その台詞に自分の幼少期が重なるクロード。 自分の身だけを考えた結果がこれか、と泣きそうになりますが目を腫らしてはいけないと堪えます。 一体いつの話をしているの…と遠い目をするアタナシアをスルーして話を続けるルーカス。 彼女はなにを思って今のアタナシアの傍にいるんだろうか…。 詳しくはにてまとめてあります 登場人物一覧は 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」41話のネタバレ イゼキエルに気づかれてしまったアタナシアは、彼に青い小鳥の入った鳥かごを押し付け逃走。 幽体となったアタナシアらしき人物?がアタナシアを優しく包み込んでいたからです。 彼を救う事に自分の命を投げ出す価値はあるのか? 家族がそんなに大事なのか? クロードさえ切り捨てれば前皇帝やアエテルニタスを一瞬で消せるのに。 無闇に不幸を呼び起こす力に頼れば、取返しのつかないことになるだろうと。 これでシロおじさんの無実の証明と、シロおじさんを元に戻す方法について考えて欲しいですね!こっからルーカスに助け求めに行って、イゼキエルもルーカスもいやいや協力する展開になるとか。 夜、アルフィアス公爵はアナスタシウスに、ジェニットに近づかないでくださいと注意した。
24

陛下が危篤との噂が流れています。

ドアの前の護衛騎士は、おしゃべりに夢中でイゼキエルの侵入に気づいていないらしい。

そして、「回復する可能性もある」と。

魔力を使いすぎたかなと思いながらドアを開けて・・・どうかされましたか?とジェニットに尋ねます。

クロードの机には空になったグラスと酒が入っていたであろうビンがあることからやけ酒していたことがわかります。