モラル ハラスメント。 職場でのモラルハラスメントの特徴

モラルハラスメントに関する本・書籍 今回モラルハラスメントに関する記事を書くにあたりまして、以下の書籍を参考にしております。

まずは被害者になりやすい人の特徴です。

65
モラハラ被害にあいやすいのはどんな人? 被害者の特徴は、加害者の逆で、なんでも「自分が悪いのでは…」と思ってしまう、いわゆる「いい人」タイプが多いようです。 こだわり検索• 適応障害 特定の状況やシーンで心身や行動に症状が現れるのが適応障害です。 専門機関に相談する 専門機関で相談することも重要です。 その際は、録音データやSNSメッセージ等を準備し、また、どういう経緯でモラハラを受けているかといった点を時系列で整理することも必要です。 他人をほめることをしない。 ハラスメントとは、 職場上の立場や優位性を利用して 嫌がらせをすることです。 PTSD (治療法については、「」を参照)• こうして モラハラを受け入れることで、ますます被害が酷くなるという悪循環を引き起こすこともあります。
5