合同 会社 設立。 司法書士による合同会社設立サービス

本店の所在地を管轄する法務局を探してください。

印鑑証明書の取得:印鑑証明書は法務局で登記を行う際に必要です。

というように、「設立時の資本金の額や代表社員の氏名が定款に記載されていなければこの「代表社員、本店所在地及び資本金決定書」にて定めていくことになります。
一般の方はもちろん、専門家(税理士、会計士、司法書士、弁護士等)の先生方にも多数ご利用頂いております ちなみに税務署では「国税」を納めるために、都道府県税事務所は「都道府県税」を納付するために行く必要があります
もちろん自分が手にするお金にも影響します しかし、税理士は資金調達方法についても詳しいため、事業計画の策定や、事業の運転資金にどれくらい必要なのかといったところまで、税理士のサポートが受けられるのは大きなメリットといえるでしょう
業務執行社員 株式会社でいう取締役を決めます 個人(代表社員)の印鑑証明書• 決算月を3月にした場合には、事業年度(商売をする期間)は4月1日から翌年の3月31日となります
1名でつくる合同会社(自分ひとりでつくるケース)• しかし法的にも税務的にも、合同会社も株式会社も社会的責任は全く変わりません これは、会社の決算内容を公開するものです
自分で会社を設立できるといっても、申請書類を不備なく作成するのは簡単なことではありません 補正となって二度三度と法務局へ足を運ぶようなミスは避けたいところですね
合同会社の設立をご検討中の方へ 合同会社は、平成18年5月1日に施行された会社法により認められた新しい会社形態です 自分に裁量と責任が課せられますので、そのやりがいに魅力を感じました
83