在職 定時 改定。 年金制度改正法(令和2年法律第40号)が成立しました|厚生労働省

現在70歳となっている厚生年金加入年齢の上限が改定によって75歳に引き上げられれば、65歳から10年間毎年年金が増額されることになります。

まず、第3号の年齢要件は20歳以上60歳未満です。

同様に計算すると、給与月額が10万円なら年0. では、この記事の最後に厚生年金に1年加入するとどの程度老齢厚生年金が増えるのか、あくまでも概算ですがお伝えしておきたいと思います。

そして、賞与からも控除されます。

2020年3月に「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律案」が国会に提出されましたが、ここで初めて出てきた言葉が「在職定時改定」です。

・繰下げ受給の柔軟化 現行70歳の繰下げ受給の上限年齢を75歳に引き上げることを検討 (受給開始時期を60歳から75歳の間で選択可能。

「在職定時改定」によって老齢厚生年金の額が増額されることになっても、総報酬月額と改定後の年金月額の合計が47万円を超えれば老齢厚生年金の額は増えますが支給停止にかかることがあり、マイナスにならないとも限らないので注意が必要です。

導入後に想定されること ・ 65歳未満は28万円(2022年4月から47万円) ・ 65歳以上は47万円 と定められています。

46
端的には 1年に1回年金額が改定されるということです 今後はさらに性別年齢にかかわりなく、より多くの人たちがこれまでよりも長い期間にわたり、また多様な形で働くことが見込まれることから、現代の働き方に見合うような形で年金制度を改正したものとなります
端的に言えば退職時にまとめて年金額を改定(増額)するよりも、毎年年金額を改定(増額)した方が、その恩恵を受けやすいとも言えます このことを と言いますが、そうではなく、在職中であっても、年金額の改定を定時 毎年1回 に行うこととするのが 「在職定時改定」です
」 リエ「はい、勉強になりました では、在職定時改定の仕組みとはどのようなものなのでしょうか
・厚生年金加入は480カ月(25歳~65歳) ・再雇用後の給与は月額24万円(通勤費等込み)で賞与は無しとします よって、時代の流れに沿った改定だと言えます
」守田「少子高齢化によって高齢者の就業環境が大きく変わり始めていますので、最近では70歳を超えても働いている方が増えてきました なお、社会保険の適用拡大により厚生年金の被保険者となった場合には、パートやアルバイトで在職老齢年金の範囲になるほどの高報酬を受けている場合を除いて、毎年働いた分の年金額への反映が目に見えることから、人事担当者としてもおさえておきたい内容です
これは私も少し気になっていたのですが、今回導入された『在職定時改定』によって、毎年1回10月に、保険料を反映して年金額を改定することになりました ・ただ、令和8年10月改定 基準日令和8年9月1日 時においては、既に70歳に到達し退職していることから、令和7年9月分から70歳に達する日 令和8年3月30日 の属する月の前月である令和8年2月分までの6か月分が令和7年10月改定時の被保険者期間270か月に加算されて、その合計の被保険者期間である276か月を基礎として、 「70歳 退職時 改定」が実施されることになります
厚生年金の加入期間が1年であれば1年分の、50年であれば50年分の老齢厚生年金が支給されます 結果として年金額が一部カットされてしまう、という事態が起こりかねないだろう
51

同じ職場で継続して厚生年金に加入している場合は、65歳時の年金の受給手続きで反映されてから、70歳の厚生年金喪失までの5年間は反映されないことになります。

老齢厚生年金額の改定 今年6月に公布された年金機能強化法の改正により、令和4(2022)年4月以降、「在職定時改定」が新たに導入されることになりました。

」リエ「毎年、少しずつでも年金が増えれば、頑張って働こうかなって思えますね。

69歳までは65歳時に計算した額でいきます。

厚生年金の期間は退職までで、「退職改定」により退職の翌月から年金額は再計算され増額されます。

継続就労するならこちらも検討されるのがいいでしょう。

なお、被用者保険に加入となれば、既に扶養を外れているため、年収130万円の基準を超えないようにする必要はありません。

(執筆者:社会保険労務士 蓑田 真吾). 在職定時改定の導入により、就労を継続したことの効果を退職を待たずに早期に年金額に反映することで年金を受給しながら働く在職受給権者の経済基盤の充実が図られます。

46