Seventeen 小説。 「seventeen」タグ関連作品

私はドタキャンされたことが悔しくて悲しくて、ただ静かに涙を流していると私がとても可愛がっている後輩のジフンからメッセージが届いていた。 『彼女には、そんなに気を使わなくて良いんだよ?何でも言ってほしい』 彼は微笑みながら頷いた。 全8章。 でも、彼女として伝えてほしかった。 というかお気軽に会ってみたいと思われる方は、遠慮なくメッセージください。 私に頼ってくれれば良いのに、と妬いてしまうこともあるけれど2人が仲良くしてくれることが単純に嬉しくてそんな気持ちはすぐにどこかへ行ってしまった。 いつ完結するかは未定ですが。 こちらでの更新はこれ以上ありません。 あくまでイメージ^^; なのでタイトルも「なお」ではなく、「なほ」と表記しています。 当選者ご本人と連絡がとれない場合は、当選の権利が無効となります。
25
日本で言うところの、大正~昭和初期くらいのイメージです 生粋のゲーマー
思い立ったが吉日、という感じでしょうか 『ジス. 事件発覚後、SNSのコメント欄には、「私のプレゼントもマネージャーが着用していました」、「まさかとは思ったけれど勘違いじゃなかったのね」など、告発した投稿者に共感する意見が相次いだ
BLにはなれない マネージャーによる問題が少なくなることを願う
賞品の抽選・当選発表について 当選発表は、当選者ご本人に対するご連絡をもって代えさせていただきます 分類別:• 閲覧数4546 GOT7、マークくんが主人公のお話
むしろ、メインなはずの2人が控えめ 眠れない夜のお話
33