カナヲどうま。 上弦の弐・童磨(鬼滅の刃)の徹底解説・考察まとめ

『花の呼吸』を使用して戦闘を行う。
童磨を非難するカナヲ 童磨は上弦の参である猗窩座が倒された事を察しており(炭治郎と水柱の冨岡義勇が倒した)、「悲しい。 自分と重ねることができるからこそ、あそこまで的確に童磨をボロクソに煽ることができたんでしょう。 黒死牟と条件が似ているので、年月をかければかなり強い鬼になっていたかもしれません。 童磨に強い怒りを感じている 童磨は胡蝶カナエと胡蝶しのぶの命を奪いました。 霧氷・睡蓮菩薩(むひょう・すいれんぼさつ) 追い詰められた童磨が放った大技。 2枚の金の扇を武器に戦う。 「信者を救済する方法」だけは変わったが、 本質そのものは何一つ変わっていないのだ。 童磨はその言葉に疑問を抱く。
53
そもそもコイツの目玉など詫びに貰って何に使えと…… 極楽なんて存在しないんだよ」と言って涙を流していた
もちろん初登場時点ではしのぶのほうが実力は上だったんでしょうが、柱との稽古や感情の回復などを通してカナヲの強さが磨かれた可能性はありそうです 童磨はチートすぎる血鬼術が強い! 童磨の血鬼術は氷を主体とした能力
ふふっ そして自身の使命は、そういった可哀想な者たちを救う事だと確信した
具体的には、「堕姫・妓夫太郎」が倒され上弦の鬼が無限城に集うシーンなど でも貴方は頭が良かったから嘘を吐いて取り繕った
しかし童磨が本気になれば、カナヲや伊之助が目に負えない速度で刀や猪の被り物を奪えるスピードがあります そもそも油断しないで毒が回る前に倒していれば頚を斬られることもなかったわけですが、やはり 毒による弱体化が勝敗を分けたと言ってよさそうです
なんで投げたの?」「あんなに回るんだね 堕ちた場所が水中だったため伊之助は助かりました
初めて感じた感覚に「これがというやつかなぁ」と興奮しつつ、こんな感情が存在するのだから天国も地獄もあるのかもしれないと思い直して、 「俺と一緒に地獄へ行かない?」としのぶを口説く 氷の血鬼術を操る童磨 どうま にぴったりですね・・・ そして、20歳の時に無惨によって鬼にされて以降は 、愚かな行為に勤しむ人間を喰うことで解放し自らの一部として永遠の存在にしてやり救済するという「善行」を行動原理として、信者を引き込んで自らの血肉にしているのです
これは上述した通り、上弦の弐・童磨との戦闘シーンで、 しのぶが避けられなかった童磨の攻撃を受け流したり、カウンター攻撃をする身体能力もカナヲは持っている描写があったのが理由 最終選別といえば、鱗滝左近次さんのような育手から了解を得て参加するイメージがありますが、個人の判断で受けれるものなんですね~
欠点 思考に感情を差し挟まないおかげで、如何なる時も冷静さを保ったまま戦闘を行えるのは強み 一方で童磨は、猗窩座が女を殺さない件で無惨に苦情を入れており、それに対して猗窩座は、童磨が頻繁に上弦の上位の特権で思考に干渉してくる件で無惨に苦情を入れたりと、互いに無惨を介しても互いへの不満をぶつけ合っていたようである(ちなみに無惨は猗窩座からの苦情は聞き入れたのだが、童磨からの苦情は猗窩座へ嫌味を言う程度で留めるなど、ここでもお気に入りの猗窩座とは扱いに明確な差を付けられている)
97

鬼なので自身の血や肉体から生み出したものと思われるが、黄金の地に蓮の文様が描かれて高貴な雰囲気を漂わせる一品。

馬鹿みたい。

鬼のイケメンランキングをつけるなら鬼舞辻無残か童磨 どうま のどちらかが一位でしょう。

それに気づいた童磨は次々に広範囲に効果が及ぶ血鬼術を使用し、カナヲは遠ざけられた。

」と言って涙を流した。

それから百年以上を生きている。

これは敵である鬼殺隊士に対しても変わらない。

上弦の弐。

その表情を見た伊之助は「死んだのか?しのぶ。

90