念頭 に 置く。 「念頭に置く」と「留意する」の違いはなんでしょうか? また、留意事項というにはどういう意味合いなんでしょうか?

なぜ踏まえるという言葉と念頭に置くという言葉が同じような意味になるのかというと、踏まえるという言葉に同様の意味が存在するからです。

1981(昭和56)年、文部省が公用文を作成する上での参考とするために省内に配布した「文部省用字用語例」という文書には、これらのことばはひらがなで書くのがよろしい、と書いてあります。

この場合の「置く」は「あることを心にとめる」という意味で使用されています。

なぜならば、記憶にとどめるとは言い換えてみれば、自分の心の中に留めておくという意味で解釈することができます。

重言というのは、意味が同じ言葉を重ねるもので、重複表現や二重表現ともいいます。

誤用ではないとする意見もありますが、現時点では使用を避けるべきでしょう。

「念頭に浮かぶ」で「思い出す」という意味になります。

言語学ではイントネーションでアクセントを付けることを「重きを置く」という場合もあります。

73

「させていただく」は、• しかし、ビジネスシーンでは重言を止める方がいいでしょう。

「念頭に置く」を使った例文や短文・解釈• 「im mind」の意味は心の中でということであるため、「bear in mind」の意味は心の中に抱くということになります。

一方、「念頭に置く」は、今からの出来事に意識したいことをいうときに使われます。

… dai ichi ni imeeji si te iru 〜 wo tsukau toki , warui koto ni tsukau toiu koto ni ryuui suru koto. つまり、当たり前であるということを自分の心の中に止める必要性があるということになります。

「念頭に置く」という言葉を使ったことがあるでしょうか。

「念頭に置く」と「頭に入れる」は、意味合いが違うため注意しましょう。

これを言い換えてみると、「お客様の目線に立つことを念頭に置く」「お客様のことを念頭に置く」という言葉で表現することができます。

主に「時間を隔てる」という意味で使用されます。

いつでもファンの皆様が応援してくれていることを念頭に置いて、努力していきます。

意見としては間違いではないというものもありますが、現時点では使わないようにしましょう。

39